ここから本文です

好きなのに辛い…「彼氏に対するやきもち」みんなはどう対処してる?

2019/12/7(土) 12:30配信

CanCam.jp

好きだからゆえに、彼氏に対してもやもやとやきもちを妬いてしまう……。恋する女の子なら多くの人がこの「嫉妬心」に悩まされたことがあるのではないでしょうか。

彼女の「かわいいヤキモチ」「ウザい嫉妬」…違いって、なんですか?

今回は、10~40代の彼氏がいたことがある女性75名に対して「彼氏に対する嫉妬」に関して大調査! 「どんな時に嫉妬するのか」、「嫉妬しちゃったときの対処法」など、みなさんが共感したり、参考になるような内容ばかりなのでぜひ読んでみてください♪

Q. 彼氏に対して、やきもちを妬いてしまうことはありますか?

よくある 20%
たまにある 40%
あまりない 20%
ほとんどない 20%

彼氏に対して嫉妬心を抱くかについてアンケートをとったところ、「よくある・たまにある」と回答した人が60%を占める結果になりました。

半数以上の女性が彼氏に対して嫉妬してしまうようです。確かに、好きになってしまったとたんに心に余裕がなくなって、もやもやしてしまう気持ち……わかります。

【1】どんな時に嫉妬する?
好きな人に対してもやもやした気持ちを抱くなんて、きっかけがないとそんな気持ちにはなりませんよね。

どんな時に嫉妬するのかを聞いたところ、思わず「わかる~!」と言ってしまうような回答がたくさんありました。早速見ていきましょう!


◆SNSで
「SNSでコメントが長々続いて、誘われてたりするとき」(35歳 会社員)
「ほかの女性と話していたり、ラインなど連絡をしている事を知ったとき」(36歳 パート・アルバイト)
「女友達との写真をインスタにのせるとき」 (19歳 専門学校生)

スマホが普及して誰とでも簡単につながったり、そのつながりが目に見えやすくなったからこそ、遭遇してしまう場面ですね。「彼の投稿は気になるけど、これは知りたくなかった……」と、ジレンマを抱える人が多いみたいです。


◆他の女の子を特別扱いしている
「自分のインスタにはいいねしてくれないのに、他の女にいいねしてるとき」(23歳 会社員)
「自分より他の女性と過ごしている時間が圧倒的に多いとき」(30歳 女性)
「他の女子にプレゼントをあげてるのを見たとき」(23歳 アルバイト)
「他の女子を褒める発言をしたとき」(35歳 アルバイト)

自分が彼女なのに他の女の子に何か特別なことをされたら、誰だっていい気はしません。何の気なしにやってても、結構傷ついたり、「なんで?」と思っちゃったりしますよね……。


◆飲み会
「飲み会で女の子と話しているとき」(29歳 専門職)
「飲み会で女の子にベタベタしてる・されているとき」 (21歳 大学生)
「彼氏のこと好きな女の子と飲み会に行くとき」(21歳 大学生)

他の女の子と距離が近かったら、「お酒に酔ってたら何でも許されると思ってるの!?」と、思わず怒りたくなってしまいますよね。何かが起きてしまうんじゃないかとひやひやしてしまう気持ち、よくわかります……。

◆元カノ関連
「元カノとの写真がいまだに残ってるのを見つけたとき」(23歳 会社員)
「元カノと会ったと言っていたとき」(26歳 会社員)
「元カノの使っていたものを彼の部屋で見つけたとき」(36歳 会社員)

元カノのものが捨てられてなかったり、いまだに関わっていたら「もしかしてまだ未練があるのかな……」と不安になりますよね。あまりにも元カノの影が強いと、「今の彼女は私なのに」ともやもやしてしまいます。

◆かわいい子と接していたら…
「かわいい子と話してるとき」(18歳 学生)
「かわいい人に反応したとき」(24歳 会社員)
「美人と楽しそうに話してるとき」 (37歳 会社員)

かわいい子と楽しそうにいると、「結局、容姿か!」と悔しい気持ちになりますよね。自分も可愛くなる努力はしてるけど、自分よりかわいい子が彼氏と仲良くしていたら、やっぱり不安になっちゃう人が多いのではないでしょうか。


【2】嫉妬してしまったとき、どのように対処していますか?
したくなくてもしてしまうのが嫉妬ですよね……。みんなの「嫉妬心に対する対処法」を知れば、もやもやした気持ちを少し和らげることができるかもしれません! ぜひ参考にしてみてくださいね♪

◆何もしないでやり過ごす
「気にしない」(回答多数)
「見なかったことにする」(23歳 会社員)
「我慢する」(26歳 会社員)
「おもてには出さない」(36歳 会社員)

変に表に出して彼と気まずくなったりするのは嫌ですよね。ここは自分が大人になってやりすごす、という人が多く見られました。


◆正直に言う
「正直に彼氏に伝える」(29歳 専門職)
「ヤキモチしたことを伝える」(24歳 会社員)

正直に言えば、彼も自分の気持ちに気づいて気を付けてくれたり、今後のためにもなりそうです。長く付き合うなら、自分がどういったことをされるといやなのか知っておいてもらいたいですよね。


◆態度に出す
「彼に冷たくする」(33歳 会社役員)
「ぶちギレる」 (33歳 パート・アルバイト)

自分がどれだけ嫌な思いをしたのか、怒ったり、普段と違う態度を見せれば、彼も気づいてくれるはず! ただし、必要以上に感情的になるのは、喧嘩したり気まずくなったりしてしまうので注意が必要です。


◆ほかの人に聞いてもらう
「友達に話す」(24歳 専門職)
「Twitterで愚痴る」(28歳 パート・アルバイト)

嫌なことをひとりで抱え込むのはやっぱり辛いですよね。そんなときは誰かに聞いてもらった方が気分がすっきりしたり、いいアドバイスが貰えたりするかもしれません。


◆仕返しする
「あっちにも嫉妬してくれるように、他の男友達とご飯行く」(23歳 会社員)
「私も、やきもちをやかせる」(29歳 パート・アルバイト)

身をもって彼にも嫌だってことを教える作戦! 意図が伝われば効果てきめんだけど、これもまた意図に気づいてもらえないと関係悪化になりかねないので、注意が必要です。


◆気持ちを落ち着かせる
「とりあえず落ち着いて、ひとりになってから冷静に考える」 (23歳 パート・アルバイト)
「アロマテラピーして、落ち着く、安静に寛ぐ」(45歳 契約社員)
「寝て忘れる」(22歳 自営業)

気持ちのままに行動するとつい感情的になってしまうから、一回気持ちを落ち着かせるのは大切なことですね。落ち着いてみたら、いろいろ見えてきたりするかもしれません。


【3】嫉妬しないために心がけていること
嫉妬しなくてすむものなら、彼氏に対してもやもやしなくて済むし、もっと楽しく日々を送れるのに……。嫉妬しちゃう人は一度はこんな風に思ったことはありませんか?

嫉妬したくてしてる人なんて、どこにもいませんよね。もしかしたら、少しの心がけで、今ほど嫉妬心に悩まされずに済むかも! 今回は、みんなが「嫉妬しないために心がけていること」を調査したので、よかったら参考にしてみてください♪


◆干渉しすぎない
「妬いたときは、少し距離をおく」(29歳 専門職)
「あんまり深く突っ込まない」(26歳 会社員)

一緒にいすぎたり、近くにいすぎるといろいろ見えすぎてしんどくなりがちです。大好きでも、たまには距離をとるほうが案外うまくいくかもしれません。


◆SNSは見ない
「彼の携帯は見ない」(21歳 大学生・大学院生)
「SNSはフォローしない、ずっとは一緒にいない」(23歳 パート・アルバイト)
「ヤキモチを焼くときは、SNSは見ない」(45歳 契約社員)

SNSを見て嫉妬してしまうことがわかっているなら、見なければその心配はないですね。彼を信頼して、見ないというのもひとつの手段です。


◆彼氏に依存しない
「自分の生活に集中する」 (29歳 自営業)
「友人との予定をたくさんいれる」(30歳 会社員)
「いろいろな趣味を見つけて、彼だけにならないようにする」 (29歳 公務員)
「彼は自分のものという考えを極力なくす」(20歳 大学生・大学院生)

好きだからついつい彼のことで頭がいっぱいになりがち。だからこそ、彼に対してもやもやしてしまうのかも。彼といる時間だけでなく、自分の時間も大切にすれば物思いにふける時間も減るかもしれません。


◆気にしない
「気にしないように心がける」(45歳 パート・アルバイト)
「何かを求めるのでなければ妬いてもしょうがないと割りきる」 (35歳 パート・アルバイト)
「やきもちを妬くのも恋をしている証拠だから、特に心がけていることは無い」(21歳 パート・アルバイト)

嫉妬ってどうしてもネガティブなイメージがついてしまって、嫉妬する自分に自己嫌悪してしまう人は少なくないと思います。「嫉妬しちゃうくらい好きなんだ!」とポジティブにとらえて受け入れれば気持ちが楽になりそうです。


◆自分を励ます!
「ポジティブに生きる」(18歳 学生)
「自分が1番、自分が1番って思うようにする」(29歳 パート・アルバイト)
「彼女は私と言い聞かせる」(21歳 大学生)

色々不安になってしまう人が多いとは思いますが、晴れて両思いでお付き合いしているわけですから、前向きに考えるのがいちばん! 落ち込み過ぎないで!


多くの女の子が一度は悩んだことがある「嫉妬心」。みんなが悩んでることだからこそ、共感できたり、参考になるような内容が多くあったと思います。もし、「嫉妬心」で悩んでいる方がいたら、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください♪(山口彩楓)

最終更新:2019/12/7(土) 12:30
CanCam.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事