ここから本文です

土木・建築職45歳まで募集 就職氷河期世代向け 千葉・栄町

2019/12/7(土) 12:07配信

千葉日報オンライン

 栄町は6日までに、景気低迷で就職難だった30代半ばから40代半ばの「就職氷河期世代」を対象に、土木職・建築職の受験資格年齢を現在の35歳までから45歳までに拡大し、若干名を募集すると発表した。来年度採用として来年2月に作文、口述試験を実施する。

 町によると、対象は1974年4月2日~98年4月1日生まれで、建築・土木に関する学部学科の大学卒業または来年3月までに卒業見込み。受け付けは来年1月6~21日。

 町では医療福祉職の受験資格年齢を2017年度採用から45歳に拡大して採用している。氷河期世代の支援を巡っては、政府が国家公務員として重点的に中途採用する方針を表明している。

 申し込み、詳細は栄町ホームページ(http://www.town.sakae.chiba.jp/)。

最終更新:2019/12/7(土) 12:07
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事