ここから本文です

服に付いた【リップ汚れ・ファンデ汚れ】に水だけでスッキリ!【シミ汚れを落とす便利グッズ】3選

2019/12/7(土) 16:30配信

magacol

(3) 電源を入れ、水しぶきが少し発生する程度に先端の金属部分を押し当てシミをなぞるように動かす。

(4) 汚れが落ちたら、すすげる場合はキレイな水でサッとすすぎ、タオルなどで水けをよく吸い取ります。

\こんなに汚れが落ちました!/
Before

After

金属の先端をシミに当てるとシュワシュワッと気持ちよく汚れが取れていきます。携帯タイプなので先端面が小さく、シミが大きいと取りきるのにやや時間がかかるけど、油性の汚れもしっかり弾き飛ばしてスッキリキレイ。

「先端をシミに当てるだけなので簡単。衣類も傷まないし、ダウンジャケットやワイシャツの衿汚れもキレイになります。ViTUNはメガネやネックレスなどの金属洗浄にも使えるそう。」

叩いて落とす!横倉式電動シミ抜き器

シミ抜きのプロとの共同開発製品。こだわりの柔らかブラシで繊維の奥に染み込んだ汚れを叩いて落とします。横倉式電動シミ抜き器イージープロシルバー ZW-CL23 SV ¥4,980(編集部調べ)/CCP

HOW TO

(1) 汚れの種類別にシミの取り方ガイドブックが付いていて便利。化粧品ジミの場合は衣類の裏側からクレンジングオイルを染み込ませます。

(2) 衣類の下にタオルを敷き、ブラシをシミに当ててスイッチオン。柔らかいタッチでブラシが上下して衣類の奥の汚れを浮かし出します。

(3) タオルの位置を調整しながらシミ全体をまんべんなく叩いて汚れを下に移します。シミがほぼ取れたら、キレイな水ですすいで洗濯します。

\こんなに汚れが落ちました!/
Before

After

ブラシでトントン叩く面倒な作業が電動で楽に。ガイドブックに紹介されている「魔法水」(衣類用漂白剤と重曹、食器用洗剤を混ぜる)を使用すると汚れ落ちがさらにアップ。汚れに合わせて替えブラシが付いています。
「使い方はシンプル。血液汚れなど、落とすのに時間のかかるシミに向いてます。真上から叩くので服が毛羽立ったり、傷んだりしにくいのもいいところ。付属のシミ取りガイドブックが役に立ちます。」


2019年『美ST』1月号掲載 撮影/小林愛香 ヘア・メーク/大山美智 取材/竹下順子

2/2ページ

最終更新:2019/12/7(土) 16:30
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ