ここから本文です

2020米エンタメをますます席巻。アジア系男優&クリエイターに注目

2019/12/7(土) 22:12配信

ELLE ONLINE

『クレイジー・リッチ!』が興行収入260億円を記録し、『ハスラーズ』も公開5週で100億円を突破。音楽界ではBTSが活躍するなど、アメリカのカルチャーシーンで四番手、五番手が当たり前だったアジア系の俳優&クリエイターが主役級に躍り出て注目を集めている。そこで日系含めアジアにルーツを持つ、才能あふれるイケメンたちをピックアップ。彼らの2020年の動向に注意して!

アンドリュー・コージ

日系イギリス人のアンドリュー・コージ。10代でタイに移住、そこでマーシャルアートを勉強し、スタントマンとして映画界のキャリアをスタート。そして『ワイルド・スピード EURO MISSION』に出演、さらにブルース・リーが原案のHBOドラマ「Warrior」に主演するなど着々と知名度を獲得している。最新作は「G.I. ジョー」のスピンオフ映画『Snake Eyes』。主演はヘンリー・ゴールディング、アンドリューは準主役を演じている。公開は来年の予定。ブレイクするのは間違いなさそう!

キャリー・フクナガ

映画『007』シリーズ最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』にイギリス監督以外で初めて抜擢されたキャリー・フクナガ監督。父は日系アメリカ人3世なので姓は日本人っぽいけれどカリフォルニア州生まれのアメリカ人。ニューヨーク大学で映画を学んでいるときにサンダンス映画祭のラボで脚本が認められ、デビューを飾った。イケメン具合でも世界中の注目の的。この顔にときめいたらNetflixの「マニアック」、長編デビュー映画で移民問題を描いた『闇の列車、光の旅』もチェック。

ハリー・シャム・Jr.

「glee/グリー」のマイク・チャン役でおなじみのハリー・シャム・Jr.。父は中国、母は香港出身だけれど、生まれはコスタリカ。だから初めて話した言葉はスペイン語で、自らをラテン系だと表している。6歳のときにアメリカに移住してアメリカ国籍を取得していた。ドラマ「グリー」が終わってからは『クレイジー・リッチ!』やシルベスター・スタローンの『大脱出』シリーズに出演するなど、映画界で存在感を発揮している。『クレイジー・リッチ!』の続編では主演のひとりになると見られている。

スティーヴン・ユァン

ミシガン出身の韓国系アメリカ人、スティーヴン・ユァン。ドラマ「ウォーキング・デッド」のグレン役で覚えている人も多いはず。ポン・ジュノ監督の話題作『オクジャ』でティルダ・スウィントン、ポール・ダノと共演していた。昨年出演した映画『バーニング』ではロサンゼルス映画批評家協会賞において助演男優賞を受賞、演技派として活躍している。

最終更新:2019/12/7(土) 22:12
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事