ここから本文です

成田凌、約100人の中から選ばれ周防正行監督と初タッグ “想像を超えた”声の芝居 映画『カツベン!』インタビュー

2019/12/7(土) 12:48配信

AbemaTIMES

 「この作品を見たら、みんな嫉妬してくれると思います」俳優・成田凌がそう自信をのぞかすのは、『シコふんじゃった。』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』などで知られる名匠・周防正行監督と初タッグを組んだ映画『カツベン!』(12月13日より全国公開)だ。本作のテーマは、サイレントのモノクロ映画を独自の“しゃべり”で盛り上げた「活動弁士」、通称“活弁(カツベン)”。今からおよそ100年前、日本で映画が“活動写真”と呼ばれていた時代を舞台に、一流の活動弁士を夢見る青年が、とある小さな町の映画館に流れついたことからすべてが始まるエンターテインメント作品だ。

 およそ100人のオーディションから成田を抜擢した周防監督。果たしてその決め手は何だったのか。そして、成田はどのように“カツベン”に変貌したのか。二人に撮影期間を振り返ってもらった。

約100人の候補者から選ばれた成田凌 俳優仲間からの反応は?

ーー監督から見た成田さんの魅力を教えてください。成田さんを抜擢した理由は?

周防監督:本人の前で恥ずかしいな(笑)。最初に会ったときの印象です。ベテランではなく若手の人を選ぶときは、自分が撮影現場で好きになれそうかが大きいんです。今からすれば(成田は)最初は緊張していたんだろうなと思います。

成田:当たり前じゃないですか!(笑)でも僕、(オーディションに)金髪にヒゲで行っていたんですよ。

周防監督:そういう格好だからこそ伝わってくるものがありますよ。最初から活弁の技術で選ぼうとは思っていませんでした。よっぽど滑舌が悪いとかあれば別ですけど(笑)。普通にきちんと声が聞こえていて、あとはもうその人がどれだけ頑張れるか、ということで。だから、あのときの成田くんの緊張感も、僕に好ましくうつったのかもしれない。

ーー何人くらいに会われたんですか?

周防監督:100人くらいですかね。

成田:100人!!でも、他の作品でご一緒した俳優が3人いたんですけど、その方たちも全員受けていました。決まった後で、「俺も受けてた~~!」って聞きました。結構いろんな人に言われました。

ーー周防組への参戦は、かなり羨ましがられたのではないでしょうか。

成田:面白いのが、俳優仲間と飲んでいて、結構酔っ払ってきたときに「実は…」って告白されることが多かったです。みんな、めちゃくちゃやりたかったんだと思います。でも、この作品を見たら、みんな嫉妬してくれると思います(笑)。

周防監督:でもね、オーディションはわからないんですよ。そのときのちょっとしたことで落ちたり受かったりする。成田さんの将来性を見て選んだわけじゃない。この映画にとっていいか、悪いかを考えて決めた。違う意味で、この人面白い、と思った人は何人かいるんです。でも、この映画にって考えたときに、違うかなと思いました。
成田さんを選ぶことに一番引っかかっていたのは身長ですから。大正時代の人にしては高すぎる。当時の日本人はもっと低かった。成田さん、もう10センチ低かったらな……なんて思ったりしました。でも、大正時代だからといって全員が全員低いわけではないだろうと。そこは気にせず、キャラクター優先で行こうと決めたんです。

成田:そのことで「お前電信柱みたいなやつだな」っていうセリフは増えましたね。

周防監督:脚本家が、どうしてもどこかで一言言わせたいって(笑)。

成田:最初の方に回収しておきたいって(笑)。

周防監督:大正時代にこんな身長の人がいたら奇異な目で見られたと思いますよ。

成田:竹中(直人)さんがわざわざ僕を高いところから下ろして、自分が高いところを歩くみたいなシーンもありましたよね。

周防監督:目線を合わせようとね。あれは背が高いからこそ生まれた演出ですね。

1/4ページ

最終更新:2019/12/7(土) 12:48
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事