ここから本文です

「あの頃、イライラしていた私」育児が一段落した今、アラフィフ主婦が思うこと

2019/12/7(土) 20:10配信

LIMO

「そうですね。あの頃は、本当に毎日毎日イライラしていたような気がします。」と話すのは、今年53歳になるFさん。現在、大学生3年生(長男)と1年生(次男)、高校2年生(長女)の3人の子を持つお母さんです。今回は、このFさんが過去に経験した、育児をしながら感じていた「イライラ」について、お話をお聞きしました。

「支配」を「しつけ」と混同していたかも。自分の未熟さを痛感した長男のイヤイヤ期

「まだ下の子の妊娠がわかる前、長男がイヤイヤ期に突入したんです。とにかくやりたいこと優先。だしたおもちゃを片づけないし、散歩に行けば、『自分で歩く』と言っていたのに結局抱っこ。『こうしなさい』といえばイヤイヤがはじまる…。もう、そうなるとこちらもイライラMAXでしたね。だって、朝や夕方の忙しい時間帯にそれをやられてしまうと、もうそのあとの予定がめちゃめちゃですもの。」

毎日、叱って、言うことを聞かせるの繰り返し。でもある日Fさんは、自分の母親が、イヤイヤしている長男に対して、怒っている姿を見て、はっとしたそうです。今まで「しつけ」だと思って長男を怒っていたけれど、「支配」になっていたのでは? と。

「だから、今度は、子どもの意見を代弁する育児法というのに挑戦したんです。長男がイヤイヤをはじめたたら、『これがやりたかったんだね?』と根気強く説得してみるという感じです。でも、これも駄目でした。長男の相手に相当な時間をとられるので、その分家事ができず、家が散らかってしまって。余計イライラが募りました。」

結局、Fさんは、「息子も私も、まだまだ未熟。ひとりの人間として機嫌の悪いときもある。だから息子の言い分を聞いたうえでなら、こちらの都合を主張しても構わないのでは。」と割り切ったそうです。「ある程度長男のイヤイヤの理由を聞く努力をしたら、あとはこちらの都合にもあわせてもらう。自分自身のイライラを否定しないことで、ようやく長男の気持ちも認めてあげられるようになって。それでイヤイヤ期を乗り切ったという感じです。」

1/2ページ

最終更新:2019/12/7(土) 20:10
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事