ここから本文です

序盤で流れを作った滋賀レイクスターズが15点差快勝、11月からの連敗ストップ

2019/12/7(土) 18:19配信

バスケットボールキング

 12月7日、各地でB1リーグ第10節第1戦が行われ、ウカルちゃんアリーナにて滋賀レイクスターズとシーホース三河が対戦した。

 第1クォーター、ジェフ・エアーズの得点で先制した滋賀はスターティングメンバーがバランスよく得点を重ね、24-12で最初の10分間を終える。第2クォーターは一時は5点差まで詰められることもあったが、佐藤卓磨、狩俣昌也らの得点で再び突き放し43-30と2ケタリードを保ち前半を終えた。

 後半に入っても齋藤拓実、ヘンリー・ウォーカーらの得点で2ケタリードを保ち試合を進める。第3クォーターを16点リードで終えると、最終クォーターも危なげない試合運びで80-65で勝利。エアーズが19得点16リバウンドの“ダブルダブル”、齋藤が15得点をマークする活躍を見せた。

■試合結果
滋賀レイクスターズ 80-65 シーホース三河(@ウカルちゃんアリーナ)
滋賀|24|19|21|16|=80
三河|12|18|18|17|=65

BASKETBALL KING

最終更新:2019/12/7(土) 18:32
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事