ここから本文です

日本を楽しむトニー・パーカー「スパーズはすべてのスポーツにおいても特別な球団」

2019/12/7(土) 18:49配信

バスケットボールキング

「若いのに、非常に成熟したプレーをしている」と八村塁を称賛

 12月6日。原宿クエストホール(東京都渋谷区)にて、『NBA Rakuten GRAND EXPERIENCE Public Viewing Party with Tony Parker』が行われた。

 今回のパブリックビューイングイベントは、現地時間5日にワシントンD.C.で行われたワシントン・ウィザーズ対フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦の模様を会場に集まったファンがゲストと共に楽しむもの。

 この日のゲストは渡邉拓馬氏(元日本代表/現3x3プロバスケットボール選手)と山口大輔氏(元サンアントニオ・スパーズ アシスタントアスレティックトレーナー)、そしてスペシャルゲストとして、昨季終了後に現役を引退し、先月スパーズ史上10人目の永久欠番となったトニー・パーカー(元スパーズほか)が登場。

 スパーズの下部組織(現Gリーグ)に在籍した経験も含め、長年パーカーを間近で見てきた山口氏が「トニーはすごいプロフェッショナルですね。勝ちとか、結果にこだわるというのがすごく強いです。これをやる、って決めたらやる。でもやりたくないって思ったらやらない。はっきりしてるタイプの選手です」と現役時代のパーカーについてコメントするなど、当時の秘話を明かした。

 パーカーはハーフタイムに会場へ姿を現すと、ゲスト2人とMC MAMUSHIと共にトークショーを展開。八村について「とてもいい活躍をしていると思います。ドラフトで1巡目指名された初の日本人ということを知っていますけど、ここまで先発としてたくさんの時間を与えられていますし、今後も成長することができるでしょう。若いのに、非常に成熟したプレーをしているので、それは長いキャリアを送るうえで優れた武器になると思います。実は今日、彼の母親に会ったんです。その時に、『なるほど。だから塁はこんなに成熟している男性なんだなぁ』ということが分かりました」と称賛。

 質問に答える際には、「ダイス(山口氏の愛称)がこんなに日本で有名人だとは思っていませんでした(笑)」といったジョークを口にし、会場を笑顔に包むなどユーモアを見せていたパーカー。

1/3ページ

最終更新:2019/12/7(土) 18:49
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事