ここから本文です

三遠ネオフェニックスがレバンガ北海道を破り、17戦目にして念願の今季初勝利をつかむ!

2019/12/7(土) 18:53配信

バスケットボールキング

 12月7日、各地でB1リーグ第10節第1戦が行われ、北ガスアリーナ札幌46にて三遠ネオフェニックスがレバンガ北海道と対戦した。

 第1クォーター、三遠は試合開始から太田敦也、寺園脩斗の連続得点で好スタートを切る。しかしこのクォーターは一進一退の攻防が続き、20-20で終えた。第2クォーターは残り4分46秒時点でリードを9点まで広げられたが、西川貴之、カイル・バローンらの得点で再び点差を縮め36-38で試合を折り返した。

 後半に入っても互角の戦いが続いたが、終盤の西川の連続得点などでリードを奪い50-46で第3クォーターを終えた。最終クォーターは序盤に再び逆転を許したが、開始6分52秒のバローンの3ポイントで再度逆転。さらに寺園らもこれに続き流れは三遠へ。このまま三遠ペースで試合は進み、74-61で勝利。17戦目にして今季初勝利を収めた。

■試合結果
レバンガ北海道 61-74 三遠ネオフェニックス(@北ガスアリーナ札幌46)
北海道|20|18|8|15|=61
三遠 |20|16|14|24|=74

BASKETBALL KING

最終更新:2019/12/7(土) 21:58
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事