ここから本文です

ホンダの新顔「フリード」高評価? SUV風も追加で発売1か月の販売状況はどうだったのか

2019/12/7(土) 10:10配信

くるまのニュース

SUV風なフリードの評判はいかに?

 ホンダの売れ筋コンパクトミニバン「フリード/フリード+」がマイナーチェンジし、2019年10月18日に発売。標準モデルのデザインを変更したほか、SUV風の新グレード「クロスター」の追加など大きな話題となりました。

【画像】広い室内!そりゃ売れる! 新顔「フリード」の内外装をチェック(41枚)

 新しいフロントデザインやSUV風のクロスターは、ユーザーからどのような評価を受けたのでしょうか。

 ミニバンは、国内市場において高い人気を誇るジャンルです。そしてフリードは、2019年上半期(1月から6月)の登録車販売台数ランキングにおいて、8位の4万5548台(前年比103.6%)と、軽自動車を除いたホンダ車のなかで一番売れているモデルです。

 そんななか、ホンダは売れ筋モデルのフリードに大きく手を加えます。

 今回のマイナーチェンジでは、標準モデルのフリード、フリード+のフロントグリルおよびバンパーや、内装デザインを改良。

 フェイスデザインは、フードやグリル、バンパー、ロアグリルのデザインを変更し、精悍で落ち着きのあるシンプルなスタイルとし、従来モデルからワイド感のあるデザインに変更。親しみやすさに加え、洗練されたデザインとしました。

 また、今回新たに追加されたクロスターは、クロスオーバー風の外観デザインが特徴で、遊び心と力強さと表現。

 専用のフロントグリルや前後バンパー、LEDフォグライトを装着。ルーフレールやアルミホイール、専用色のドアアウターハンドルとドアミラーを採用し、アウトドアで映えるクロスオーバースタイルが特徴です。

 内装も随所に遊び心が感じられる仕様となります。木目パネルはクロスター専用のプライウッド調を採用。コンビシートは汚れが目立たないデジタル柄とすることで、アウトドアの非日常感を演出しました。

 では、売れ筋モデルのフリードはユーザーからどのような評価を得たのでしょうか。ホンダは次のように話します。

「マイナーチェンジモデルは、当初の販売目標台数を6000台と設定していましたが、予約受注を含めた11月18日までの台数は想定を大幅に上回る約1万5000台となりました。そのなかで、新グレードのクロスターは約3割となり、これも事前に2割と想定していた数を上回っています」

 また、従来モデルとマイナーチェンジ後のフリードに関する反響について、ホンダの販売店は次のように話します。

「フリードは、5ナンバーサイズで使い勝手の良いミニバンとして人気のモデルです。そのなかで、3列シート車のフリードは家族や友人など多人数で出かける機会の多いユーザーに好評で、2列シート車のフリード+はアウトドアなど趣味の荷物が多いユーザーから支持を受けています。

 今回、新たにクロスターというグレードが登場したことによって、よりアクティブな趣味を持つお客さまからは好評の声を頂いております」
 
※ ※ ※

 新型フリードの車両本体価格(消費税込)は、フリード(3列シート車)が199万7600円から279万8400円、フリード+(2列シート車)が218万2400円から282万400円。

 SUV風のフリード クロスターが238万400円から301万8400円、フリード+ クロスターが240万2400円から304万400円です。

 SUVのテイストを盛り込んだSUV風モデルは、さまざまなメーカーやモデルに登場しています。そのなかでも、フリード クロスターは、国内で人気のスライドドアとSUVスタイルを兼ね備えた点が特徴です。アウトドアを意識した装備なども盛り込まれており、今後も好調な売れ行きが予想されます。

くるまのニュース編集部

最終更新:2019/12/7(土) 13:26
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事