ここから本文です

ライアン・レイノルズが明かす、マイケル・ベイが『6アンダーグラウンド』で行ったブッ飛び撮影術

2019/12/7(土) 19:00配信

Movie Walker

謎の億万長者、元CIAスパイ、アクロバティックな軽業師、凄腕の医者、敏腕ドライバー、超一流スナイパーとスキルも職業もバラバラな6人の精鋭たちが、過去を消して未来を変えるべくチームを結成しミッションに挑む『6アンダーグラウンド』がNetflixで12月13日(金)から配信される。このたび、主演のライアン・レイノルズが本作の監督で“破壊王”の異名を持つマイケル・ベイの撮影術を明かす特別コメントが到着した。

【写真を見る】ライアン・レイノルズら6人の精鋭たちが自身の未来のため危険なミッションに挑戦!

「トランスフォーマー」シリーズを手掛けたベイ監督といえば、ファンから“ベイヘム”と呼ばれている容赦なき大爆発シーンやド迫力アクションを得意としている。そんなベイ監督は本作でもその腕前を存分に発揮しており、爆破や破壊などを含む総使用車両数は750台以上、爆破などで消費した燃料の総量は6万リットル以上と普通の映画では見ることのない大量の車両と燃料を使用している。

今回、ベイ監督が直接演出を手掛ける作品にはじめて参加したライアンはベイ監督の撮影現場の様子を目の当たりにして、「アクションシーンは普通の映画の撮影ともはや次元が違っていたよ。カーアクションは映画につきものだし、いままでもたくさん観たことがあるよね?だけど、マイケル・ベイはそれを超える新たな撮り方を考えだすんだ!」と語り、作品をさらに魅力的にするため撮影現場で新たなアプローチを試みるベイ監督に感心したことを明かした。加えてライアンは、「演技中に車のなかで“うわっ!!”と叫んでしまいそうな瞬間もあったよ(笑)。僕らは高級車に乗って街中を時速160kmで走るんだ。そのとき、壁と車体の距離が2、3cmほどの隙間しかないんだよ。あの撮影はあまりにもワイルドだったね」と回想し、さらに「現場のスピード感がすさまじいんだ。僕は元々、1日中現場にいて、控え室にはあまり戻らないタイプなんだけど、マイケルの場合、控え室に戻る暇もないくらいどんどん撮影が進むんだ。彼はメイクもヘアスタイルもあまり気にしない(笑)。ただただ、撮影に熱中しているんだよ」と、ベイ監督が全身全霊で撮影に臨んだ様子が垣間見えるエピソードを明かした。そして最後にライアンは、休む間もなく撮影するベイ監督のスタイルについて「マイケル・ベイのやり方は大好きだよ」と、“面白い映画を撮ること”だけを求めて突き進むベイ監督の前向きな姿勢に共感するコメントを寄せた。

“破壊王”のベイ監督とライアンら豪華キャスト陣によって生みだされた、息をつく暇もないノンストップアクションを体感してほしい!(Movie Walker・文/編集部)

最終更新:2019/12/7(土) 19:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事