ここから本文です

【J1ピックアッププレビュー】勝てば残留…生き残るのは《清水vs鳥栖》

2019/12/7(土) 8:00配信

超WORLDサッカー!

7日、日本各地で一斉開催となる明治安田生命J1リーグ最終節。清水エスパルス(15位/勝ち点36/-25)とサガン鳥栖(14位/勝ち点36/-20)は、J1残留をかけた運命の直接対決となる。

勝ち点36で並ぶ両者。どちらにとっても、残留の条件は勝利となる。だが、得失点差のアドバンテージを有する鳥栖は、引き分けでも自力で残留を決められるシチュエーション。逆に、得失点差で不利な清水は、引き分け以下だと湘南(16位/勝ち点35/-23)の結果次第で、J2勢とのプレーオフに回る16位転落の危険性が孕む。

◆何としてでも3ポイント~清水エスパルス~
勝てば残留を決められた前節のC大阪戦、エウシーニョのゴールでリードした清水だが、後半の残り15分から立て続けに失点を重ねて逆転負け。ここ6試合で白星から遠ざかっており、チームの調子は良くない。重圧のかかるゲームになるが、ホームの利を生かして、何としてでも3ポイントを掴み取り、文句なしの残留を決めたい。

◆有利性も生かして~サガン鳥栖~
対する鳥栖もホーム最終戦だった前節、勝てば自力残留を決められたが、札幌に早々の先制を許すと、後半アディショナルタイムにも失点を喫して敗北。早い段階の失点でペースを掴み切れず、2試合白星なしで、今節の大一番に挑む。自力残留の条件は引き分け以上。試合に入る前の段階でやや有利な状況だけに、それを生かしたい。

◆清水エスパルス[4-2-3-1]GK:大久保択生
DF:エウシーニョ、ファン・ソッコ、二見宏志、松原后
MF:金子翔太、六平光成、河井陽介、竹内涼、西澤健太
FW:ドウグラス
監督:篠田善之
ヘナト・アウグストが左腕の骨折で欠場。代役は六平光成になる見込みだ。

◆サガン鳥栖[4-4-2]GK:高丘陽平
DF:金井貢史、高橋秀人、高橋祐治、三丸拡
MF:小野裕二、松岡大起、原川力、イサック・クエンカ
FW:豊田陽平、金崎夢生
監督:金明輝
ここ2試合で出番なしの金井貢史が復帰か。2試合連続不発の攻撃陣は奮起が求められる。

【注目選手】
◆ドウグラス(清水エスパルス)清水のキープレーヤーは、ドウグラスだ。今シーズンもここまでチームトップ13ゴールを挙げる主砲だが、ここ4試合は意気消沈。元気がないのは気がかりだが、大きな試合になればなるほど頼りたくなるのがエースの存在だ。チームを救う一撃を叩き込めるか。

◆豊田陽平(サガン鳥栖)一方、鳥栖の注目選手は、豊田陽平だ。今シーズンのここまで4得点しか挙げられていないが、前線からのチャージやボールキープなど、気迫溢れるプレーでファイト。チームに勢いを与える存在として、抜群の存在感を誇る。救世主になれるか。

◆未来を左右する天王山
勝敗が両軍の未来を大きく左右する一番。どちらにとっても、敗れても他会場の結果次第で残留もあり得るゲームだが、状況が状況だけにキックオフからそれぞれの勝利を目指す姿勢がぶつかり合う展開になる可能性が高い。

そこで、両者のポイントを挙げるとすれば、清水はここ6試合の間で決めた5得点が全てセットプレー絡みの攻撃と、ヘナト・アウグストに代わるセカンドボールの回収役。対する鳥栖はここ2戦ノーゴールのアタッカー陣だ。

6月の前回対戦はホームの鳥栖が打ち合いを制して、4-2で勝利。自力残留を巡る清水と鳥栖の直接対決は、IAIスタジアム日本平で14時キックオフだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/7(土) 8:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事