ここから本文です

ジダン「ガレスにゴルフを禁ずるなどしない」

2019/12/7(土) 8:45配信

超WORLDサッカー!

レアル・マドリーの指揮を執るジネディーヌ・ジダン監督がウェールズ代表MFガレス・ベイルに対して、ゴルフを許可した。スペイン『アス』が報じている。

レアル・マドリーは7日に行われるラ・リーガ第16節でエスパニョールと対戦。この試合に向け、ベルギー代表MFエデン・アザールの負傷欠場が決まっており、ブラジル代表DFマルセロもケガしたなか、全体練習に合流できていないベイルも出場が危ぶまれている。

前日会見に出席したジダン監督はエスパニョール戦に向けて、「いかなるゲームも1秒たりとも余裕を感じる場面などない。素晴らしい戦いがしたい。全力を尽くさなければ」と意気込みを口にすると、いくつかのテーマについて返答してみせた。

そのなかで、ベイルがウェールズ代表からユーロ2020に向けて、ゴルフを自粛するよう要請を受けた件について質問が及ぶと、ジダン監督はこう考えを示したという。

「ガレスにゴルフを禁ずるなどしない。ほかの選手に対してもしかりだ。彼らは全員大人。何をすべきか承知済みのはずだからね」

また、欠場の可能性が浮上するベイルの状態について、「アラベス戦でケガをしてしまった。2日間の休養後、選手たちがトレーニングを再開したとき、彼はそこでも違和を感じてしまったみたいだ」と話している。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/7(土) 8:45
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事