ここから本文です

鷹が元オリオールズの32歳キューバ出身外野手獲得へ MLB公式サイト記者伝える

2019/12/7(土) 14:57配信

Full-Count

スペイン語版MLB公式サイト記者がツイッターで伝える「契約は来年1月」

 ソフトバンクが新外国人としてヘンリー・ウルティア外野手を獲得すると、スペイン語版MLB公式サイト記者のフランシス・ロメロ氏がツイッターで伝えた。

【動画】鷹に新たなキューバ助っ人誕生!? 2M近い長身のウルティアが放った本塁打の実際の瞬間

 ロメロ氏は「関係者によると、外野手のヘンリー・ウルティアが福岡ソフトバンクホークスと契約を結ぶ。ウルティアはかつてオリオールズでプレーし、現在はメキシコのウインターリーグでプレーしている」と綴っている。ロメロ氏はさらに「契約は2020年1月に締結される」ともツイートしている。

 32歳のウルティアはキューバ出身で右投げ左打ちの外野手。2012年オリオールズと契約し、13年にメジャーデビューしした。メジャーでは13、15年にプレーして計34試合出場、25安打、打率.272、1本塁打、8打点をマーク。2018年からメキシカンリーグでプレーし、現在は「チャロス・デ・ハリスコ」に所属してウインターリーグに参加している。

Full-Count編集部

最終更新:2019/12/7(土) 18:54
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事