ここから本文です

【女子プロ野球】加藤優らがトークショー 磯崎、谷山らの“ドキドキの瞬間”とは?

2019/12/7(土) 20:12配信

Full-Count

今季限りで女子プロ野球退団を発表した6選手が登場した

 女子プロ野球チームから今季限りでの退団を発表した6選手が7日、ベースボール・コンディショニング主催の「Talk show with 6 players」(静岡県三島市)に登場。元埼玉アストライアの加藤優外野手、磯崎由加里投手、谷山莉奈投手、元愛知ディオーネの岩見香枝内野手、榊原梨奈外野手、前田桜茄外野手が参加した。

【写真】ファンからは賛否の声も…加藤、磯崎、泉の“美人”3選手がお披露目した「激レア」な“リアル”制服姿

 第2部では岩見がMCとなり、元埼玉アストライアの3選手がトークを繰り広げた。「やばいなと思うタイミングが野手と投手では違う」という話になった4人は、それぞれの「やばいと思った時」の話になった。

 マウンドでは涼しい顔で投げているという磯崎は「ノーアウトでどんどんランナーが溜まっていくと足が震えてきて。満塁なんかになると、手も震える」とチームメートも驚きの事実を語った。「1ストライク取ったら落ち着くけど、そこからボールが続くと本当に終わる! って思ってる。満塁の2-3が1番、私には……」と内心はドキドキなのだという。

 春先に“ゴロのバウンドが合わない病”にかかったという加藤は「(打球のバウンドに)合わせに行けばいくほど全然負の連鎖から抜けられなくて、春先にチームに迷惑をかけてしまった」と振り返った。さらにトークを見つめていた榊原を指し、「ランナーで一塁にいて、ちょっとでも弾いたら三塁までいってしまうんですよ」と苦い思い出を明かし、「(私は)守備に不安のある選手ですよね、認めてるんです」とがっくり肩を落とす場面もあった。

 また谷山は「スクイズなどを警戒して、1回外さないといけない時に『すっぽ抜けたらやばいな』と緊張してしまう」という。3者三様の“ドキドキの場面”に、今季のプレーを見守ったファンも驚きの声をあげていた。

臼井杏奈 / Anna Usui

最終更新:2019/12/7(土) 20:19
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事