ここから本文です

バルセロナがマジョルカ戦に向けた招集メンバー発表

2019/12/7(土) 9:48配信

ゲキサカ

 バルセロナは6日、本拠地カンプ・ノウで7日に行われるリーガ・エスパニョーラ第16節のマジョルカ戦に向け、招集メンバー18名を発表した。

 下部組織時代をバルセロナで過ごした日本代表MF久保建英の古巣戦としても注目される一戦。FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス、FWアントワーヌ・グリエーズマンなど主力が名を連ねる一方、6日の練習で別メニューだったMFアルトゥールとFWアンス・ファティが負傷中のFWウスマン・デンベレ、DFジョルディ・アルバらとともにメンバー外となった。

 アルトゥールは恥骨、ファティは膝に違和感があり、今後の回復状況を見ながら戦線復帰のタイミングを探るという。

 現在バルセロナは、消化試合が1つ少ないながらも勝ち点31(10勝1分3敗)で首位に立つ。アウェー戦に挑むマジョルカは勝ち点14(4勝2分9敗)で残留圏内ギリギリの17位につけている。

以下、バルセロナの招集メンバー18名

▽GK
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン
ネト

▽DF
ジェラール・ピケ
ジャン・クレール・トディボ
クレマン・ラングレ
ムサ・ワゲ
サムエル・ウムティティ
ジュニオール・フィルポ

▽MF
イバン・ラキティッチ
セルヒオ・ブスケツ
カルレス・アレニャ
セルジ・ロベルト
フレンキー・デ・ヨング
アルトゥーロ・ビダル
カルレス・ペレス

▽FW
ルイス・スアレス
リオネル・メッシ
アントワーヌ・グリエーズマン

最終更新:2019/12/7(土) 13:37
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事