ここから本文です

今平周吾が2年連続の賞金王に 27歳67日で複数回達成は最年少

2019/12/8(日) 14:44配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日(8日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

しぶこ署長が走る!

賞金ランキング2位のショーン・ノリス(南アフリカ)が通算5アンダー4位でホールアウト。賞金王の条件だった優勝を逃したことで、同ランキングトップの27歳・今平周吾が2年連続の賞金王に輝いた。今平は今季25試合(棄権1試合)に出場し、10月の「ブリヂストンオープン」と11月の「ダンロップフェニックス」で優勝した。

複数年連続で賞金王に輝いたのは、尾崎将司(1973~74年、88~90年、94~98年)、青木功(78~81年)、中嶋常幸(82~83年、85~86年)、片山晋呉(2004~06年)以来の史上5人目。27歳67日での複数回賞金王達成は、27歳318日の尾崎将司を抜いて史上最年少となった。

最終更新:2019/12/8(日) 15:02
ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事