ここから本文です

『スパイダーマン』ネッドは本名じゃない!?本人に真相直撃

2019/12/8(日) 8:04配信

シネマトゥデイ

 映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に出演するジェイコブ・バタロンが来日時にインタビューに応じ、自身が演じる、主人公ピーター・パーカーの親友ネッドの本名が、全く違う名前だったとSNSで話題となった件について真偽を語った。

ネッド役ジェイコブ・バタロンに生インタビュー!【動画】

 ピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)と同じ高校に通うネッドは、陽気な性格でピーターを支える大親友で、前作『スパイダーマン:ホームカミング』では頼れる相棒として活躍。続編『ファー・フロム・ホーム』では学校の仲間とヨーロッパ旅行を楽しむ傍ら、新たな脅威に挑むピーターをサポートした。

 旅の合間には、クラスメイト・ベティ(アンガーリー・ライス)との間にロマンスが生まれる一幕も。この展開を全く予期していなかったというジェイコブは、「トム(・ホランド)からネッドに彼女ができることを聞いて、『あり得ない。なんでネッドに彼女ができるんだ?』と思ったんだ。でも実際に脚本を読んだらハマっていて、とても面白かったよ。アンガーリーともいい距離感で撮影できたし、全く不安になることはなかったね」と撮影を振り返る。

 そんなネッドだが、今年7月に映画の米公式Twitterが投稿したビデオクリップによって、本名が“ネッド”ではないことが判明。映像で映し出されるパスポートには「エドワード・リーズ(Edward Leeds)」と記されており、公式Twitterも「彼の本名がエドワードとは知らなかった」とつづっている。

 ネッドの本名はエドワードなのか。ジェイコブ本人に確認すると、「もちろん! 本当だよ」と返答。「原作コミックでも、ネッドの本名はエドワードだしね。実は、削除された本編シーンに(セリフの中に)本名が出てくる場面があったんだ。空港でネッドとベティが別れたことを明かす場面で、ベティが『エドワード、成長したわね』って言うんだ。ネッドも『ありがとう、エリザベス』って返すんだけどね」と当初は劇中でも本名について言及があったという。

1/2ページ

最終更新:2019/12/27(金) 13:56
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事