ここから本文です

過去10年の賞金王/2009年石川遼は18歳で史上最年少戴冠

2019/12/8(日) 16:29配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日(8日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

もぐもぐタイム

27歳の今平周吾が2年連続の賞金王に輝いた。2位のショーン・ノリス(南アフリカ)に1807万円差の賞金ランキングトップで迎えたシーズン最終戦を3位でフィニッシュ。4位だったノリスに逆転を許さず逃げ切った。それぞれのシーズンで主役を張った過去10年の賞金王を振り返る。

2019年 今平周吾(2勝) 1億6804万9312円 
2018年 今平周吾(1勝) 1億3911万9332円
2017年 宮里優作(4勝) 1億8283万1982円
2016年 池田勇太(3勝) 2億790万1567円
2015年 キム・キョンテ(5勝) 1億6598万1625円
2014年 小田孔明(2勝) 1億3731万8693円
2013年 松山英樹(4勝) 2億107万6781円
2012年 藤田寛之(4勝) 1億7515万9972円
2011年 ベ・サンムン(3勝) 1億5107万8958円
2010年 キム・キョンテ(3勝) 1億8110万3799円
2009年 石川遼(4勝) 1億8352万4051円※

※2009年の石川遼は18歳80日でツアー史上最年少賞金王。

最終更新:2019/12/8(日) 16:29
ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事