ここから本文です

今平周吾が最年少複数回賞金王 「勝利数少ないのが悔しい」としながらもジャンボ越え達成

2019/12/8(日) 14:58配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇8日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70>

フィアンセの菜々恵さんと仲良くパシャ【大会写真】

今平周吾が最終戦で3位に入り、2年連続で賞金王戴冠。昨年は年間1勝での戴冠だったが、今季は年間2勝で栄冠をつかみ取った。

ショーン・ノリス(南アフリカ)との壮絶な争いに終止符を打った。27歳2カ月6日で2度目の戴冠は、これまでジャンボこと尾崎将司が記録した27歳10カ月14日を抜いて歴代最年少記録。金字塔を打ち立てた。

「勝利数が少ないのが悔しい」としながらも、「来年は3勝を目標に頑張りたい。東京五輪も地元開催なのでぜひ出たい」と、すでに気持ちを来季へ向けた。

連続賞金王達成最年少記録も尾崎を抜いて更新。連続での賞金王は尾崎(5年連続、3年連続、2年連続)、青木功(4年連続)、中嶋常幸(2年連続を2度達成)、片山晋呉(3年連続)に次ぐ記録。偉大な先輩たちの仲間入りを果たした。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:2019/12/8(日) 17:06
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事