ここから本文です

<速報>石川遼、B・ケネディが優勝かけてプレーオフへ 今平周吾は2年連続賞金王戴冠

2019/12/8(日) 14:59配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇8日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70>

真剣な表情で芝を読む石川遼【LIVEフォト】

国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の最終日。石川遼とブラッド・ケネディ(オーストラリア)がトータル8アンダー・首位タイでホールアウトし、優勝の行方は18番パー3の繰り返しによるプレーオフへと持ち込まれている。

今季3勝目がかかる石川は、優勝すればツアー史上最年少での生涯獲得賞金10億円到達。対するケネディは今季初優勝、ツアー通算4勝目がかかる。

今平周吾は5バーディ・1ダブルボギーの「67」で回り、トータル7アンダー・3位でフィニッシュ。賞金ランキング2位のショーン・ノリス(南アフリカ)が優勝を逃したため、2年連続の賞金王に輝いた。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:2019/12/8(日) 14:59
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事