ここから本文です

【メルセデスベンツ E350de】日本初クリーンディーゼルPHEV登場[詳細画像]

2019/12/8(日) 14:00配信

レスポンス

メルセデス・ベンツ日本は10月23日、ラインナップの中核をなすモデル『Eクラス』に、乗用車として日本初となるクリーンディーゼル・プラグインハイブリッドを搭載したセダン『E350deアバンギャルドスポーツ』を設定、受注を開始した。

【写真】メルセデスベンツ E350de(全21枚)

搭載される2.0リットル直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンは、最高出力194ps、最大トルク400Nmを発生。排出ガス浄化経路の短縮やsDPF(DPF with SCR Coating:選択触媒還元法コーティング付粒子状物質除去フィルター)を採用し、排気の浄化にも注力して開発された。組み合わされるモーターが発生する最高出力は122馬力、最大トルク400Nmで、パワーユニット全体での最高出力は306馬力、最大トルク700Nmを発生させる。

リアアクスル上に搭載される大容量13.5kWhのリチウムイオン電池により、ピュアEVのようにモーターのみの走行も可能。航続距離は最長50Km(WLTPモードでの欧州参考値)。

採用された「インテリジェントアクセルペダル」には、EV走行とエンジン走行の切り替えポイントや不要な加速を、右足への触覚でドライバーに伝えるプレッシャ・ポイント機能、不要なアクセルワークを防ぐダブルパルス機能を備える。

価格は875万円。購入者には、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体の無償提供、設置にかかる費用軽減の10万円のサポートを実施している。納車は2019年12月以降を予定。

《レスポンス 滑川寛》

最終更新:2019/12/8(日) 14:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事