ここから本文です

トト・ウルフ、「メルセデス代表を辞する”魅力”なし」とF1代表就任を改めて否定

2019/12/8(日) 18:35配信

motorsport.com 日本版

 メルセデスの6年連続ダブルタイトル獲得を主導した、チーム代表のトト・ウルフ。彼には、2021年からリバティメディアに移籍し、F1全体をコントロールする役割に就くのではないかとの根強い噂がある。

【動画】あの感動をもう一度……DAZN 2019年F1シーズンハイライト

 現在F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは短期契約であり、最近行われたアブダビGPの際には、人生のこの段階で”キャリアを構築すること”に興味がないことを明かしていた。

 そのためリバティ・メディアは、キャリーの後任を早急に選ばなければならないことが明確となった。ウルフ代表は以前から、F1全体を取り仕切る立場に興味を持っていたと言われており、そのため今回のような噂に繋がったとみられる。

 ウルフ代表の将来については、ルイス・ハミルトンも注視しており、チームに残留する重要な要因として、ウルフの存在を挙げている。

 当のウルフは、常勝チームを運営するというスリルを手放すのは、特に魅力的ではないと語る。

「私が気付いたのは、チーム内での関係を楽しんでいるということ、そして意志決定者であるダイムラーその関係を楽しんでいるということだ。それは私が幸せだと感じる基本的な部分だ」

 自身の将来について尋ねられたウルフ代表は、motorsport.comに対してそう語った。

「彼らは我々のことを本当に信頼し、チームが成功するために必要な全てのモノを与えてくれた。そして我々全員にとって正しい決断をするために、そのこと(F1全体を取り仕切ること)を軽く考えているわけではない」


「これは少し時間がかかるプロセスだ。しかし現時点では今のまま……驚くようなことはない」

 ウルフはハミルトンと2021年以降の計画について話し合っている。そしてウルフ自身も、自身の立場について同じようにハミルトンに対して”オープン”に語っているという。

 ハミルトンは、フェラーリの会長と複数回会合を持ったと言われているが、それについてはウルフ代表にも”オープン”に語っていたという。

「我々ふたりはかなり長いこと共に仕事をしてきたから、お互いのことをかなり信頼しているんだ。困難な時期を共に乗り越えたことで、絆がより強くなった。そして我々の他にも、チームの輪を形成する多くの人がいるんだ」

「もちろん我々は、チームが進む方向、そしてルイスのキャリアを進めていく方向について、常に話し合う」

 ウルフ代表は、ハミルトンがフェラーリ会長のジョン・エルカーンと話したことはまったく問題ないと語ると共に、ハミルトンを失う心配をする必要はないと考えている。

「移籍話が出ることについては、普通のことだ」

 そうウルフ代表は語った。

「みなさんが手榴弾を落としていく。我々はそれを拾い、自分たちの手で処理することもあるんだ」

「でもそれも物語のうちのひとつだし、冬の間にこれらのことが起きるのは良いことだ。しかし同時に、我々もそれについて話している」

「だから(ハミルトンがフェラーリと話し合ったことは)驚くようなことではなかった。マスコミでそのことが出てきた時は、我々がお互いに、何を考えているのかを知ってから数週間または数ヵ月後だった。だから、それもF1の一部だと思うよ」

Jonathan Noble

最終更新:2019/12/8(日) 18:35
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事