ここから本文です

アイシン精機、AI技術の開発拠点を福岡に新設

2019/12/8(日) 15:00配信

レスポンス

アイシン精機は12月5日、AI技術の開発体制強化を目的に、2020年5月に「九州開発センター 博多ラボ」を福岡県福岡市に新設すると発表した。

100年に一度の大変革期を迎える自動車業界では、CASEへの対応に向け、IT企業も参入した熾烈な開発競争が繰り広げられている。そこで、同社はCASE対応に不可欠なAI技術の開発体制を強化するため、優秀な人材の確保と開発環境の向上を狙い、新しいAI開発拠点を福岡に開設することを決定した。

同社は、2014年に画像認識や空間認識、車両制御などの要素技術開発を行う目的で、北九州学術研究都市技術開発交流センター内に「九州開発センター」を設立。その後、2015年に東京都港区に「台場開発センター」を開設し、AIによるアルゴリズム開発とそれを実現するハードウェアの開発を行ってきた。

今回新たに設置する九州開発センター 博多ラボでは、AIを活用した画像解析により車両の周辺監視や乗員状態推定を行うソフトウェアを開発。一方、既存の九州開発センターでは、光や電波で物体検知を行うセンサーをはじめとしたハードウェアの要素技術開発や、実車実験ができる環境を活かし、実車を使った評価試験を行う計画だ。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:2019/12/8(日) 15:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ