ここから本文です

高タンパク、低脂肪の「昆虫食」に挑戦するチャンス……! 食用イモムシを使った「いもむしゴロゴロカレー」がクラウドファンディング開始

2019/12/8(日) 14:00配信

ねとらぼ

 未来のタンパク源として注目される“昆虫食”に気軽にチャレンジできる、食用イモムシを使ったレトルトカレー「いもむしゴロゴロカレー」がクラウドファンディングサイトMakuakeで支援を募集中です。

【画像】「いもむしゴロゴロカレー」

 昆虫食の輸入・製造を行っている会社「昆虫食のentomo」の松井崇さんが、より多くの人たちに受け入れられる昆虫食、また昆虫の素材の特徴を生かした商品を目指して開発。アフリカの伝統的な食用イモムシを使用し、その独特の風味がトマトとよく合うことから、トマトベースのカレーを着想し誕生しました。

 さらに目や足といった主張がないイモムシは、丸ごと入っていても特にカレーだと抵抗感が一気に下がるといった声もあり、昆虫食が苦手な女性からも「意外と昆虫と分からない」「食感が食べごたえある」と好評だったそうです。

 レシピの開発は、昆虫食を災害食として研究している栄養士の松井欣也教授(東大阪大学短期大学部・実践食物学科の学科長)が担当。松井教授は「災害食は炭水化物ばかりになりがち。野菜も不足しがち。不足する動物性たんぱく質と食物繊維を昆虫食から得る」という着想で研究しており、実際に同社のイモムシは「牛肉の3~4倍のタンパク質、レタスの約5倍の食物繊維」で、かつ「脂質は魚に近く、DHAやEPA、オメガ3などを含み体にとてもいいです」と説明しています。

 ちなみに現在昆虫食の会社を経営する松井さんも、ほんの数年前までは昆虫食に偏見や抵抗感があったそうです。しかし、糖質制限を始めた際に「高タンパク質で栄養価が高い食材」を探し求めたところ、たどり着いたのが「昆虫食」だったとのこと。最初のひと口は30分かかりましたが、2口目以降は「普通のエビじゃん」という感想になったそうです。

 国際連合食糧農業機関(FAO)が2013年に食料問題の対策の一つとして昆虫食を推奨してから、世界中で注目を集めている昆虫食。日本では食べ物としてあまりなじみのない昆虫ですが、今回を機に早めに挑戦してみることで、今後の食生活が豊かになるかもしれません。

 「いもむしゴロゴロカレー」は3000円の支援で2個、6000円の支援で5個手に入ります(どちらも税込)。賞味期限は1年。目標金額は50万円で、プロジェクト達成にかかわらず、支払いを完了した時点で支援が成立するAll-in型となっています。

ねとらぼ

最終更新:2019/12/8(日) 14:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事