ここから本文です

【香港スプリントの見どころ】“龍王”との親子制覇狙うダノンスマッシュが参戦! ライバルは地元3歳のエセロ

2019/12/8(日) 12:30配信

netkeiba.com

 12月8日に香港のシャティン競馬場で行われる香港スプリント(G1・芝1200m)は、日本時間15時20分に発走予定。

【写真】ダノンスマッシュこれまでの軌跡

 ただ1頭、日本から参戦するのはダノンスマッシュ(牡4、栗東・安田隆行厩舎)。2012・13年の本レースを連覇した香港名“龍王”ことロードカナロアの産駒。まだGIタイトルは持っていないが、今年は高松宮記念で0.2秒差4着、スプリンターズSで0.1秒差3着と、日本の短距離界トップクラスの実力の持ち主なのは間違いない。父に続いて再び香港の地を熱狂させることができるか。

 ブックメーカーで断然の評価となっているのは前走でG2・ジョッキークラブスプリントを制した豪州産の3歳馬エセロ(セ3、香・J.ムーア厩舎)。重賞タイトルは前走が初めてとなったが、今回も上位人気となりそうな古馬勢を相手にして好タイムの逃げ切りを果たした。一気のG1タイトルとなるか。

 他にも、いずれも前走でエセロに敗れてはいるが、この路線で非常に安定しているホットキングプローン(セ5、香・J.サイズ厩舎)、3連覇の懸かるミスタースタニング(セ7、香・F.ロー厩舎)、今回大きくエセロとの斤量差が縮まるビートザクロック(セ6、香・J.サイズ厩舎)らも参戦する。

最終更新:2019/12/8(日) 12:30
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事