ここから本文です

北朝鮮の「重大試験」発表にもNSC開催せず 慎重対応=韓国大統領府

2019/12/8(日) 17:09配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮・国防科学院の報道官が8日に談話を出し、北西部・東倉里の西海衛星発射場で「大変重大な試験が行われた」と明らかにしたが、韓国青瓦台(大統領府)は論評を発表しないなど、慎重に対応する姿勢を見せた。

 西海発射場は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発と関連がある場所で、北朝鮮が非核化交渉の期限とした年末が近づく中、米国に圧力をかけて態度の変化を迫る狙いがあるとみられる。

 青瓦台が国家安全保障会議(NSC)を開催するなど積極的に対応するとの見方もあったが、NSCは開かれなかった。

 青瓦台関係者は「関連情報を正確に把握することが優先」として、状況と注視する方針を示した。

 韓国政府は米国と緊密に連携し、東倉里付近の地域の動向を分析しているとされる。

最終更新:2019/12/9(月) 10:51
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ