ここから本文です

【香港Cの見どころ】ステイゴールド産駒ウインブライトに親子での香港国際競走Vの期待懸かる

2019/12/8(日) 13:30配信

netkeiba.com

 12月8日に香港のシャティン競馬場で行われる香港C(G1・芝2000m)は、日本時間17時10分に発走予定。

 今春、リスグラシューやエグザルタントらの強豪を破って香港のG1・クイーンエリザベス2世Cを勝利したウインブライト(牡5、美浦・畠山吉宏厩舎)が日本から参戦。秋の国内での2戦は不本意な着順が続いたが、適性を証明済みの舞台で再びのビッグタイトル獲得となるか。父ステイゴールドはラストランにして香港ヴァーズで劇的な勝利を飾っており、香港マイルのインディチャンプ同様、親子での香港国際競走勝利の期待が懸かる。

 頭数が8頭に落ち着き、混戦模様となった。地元からは香港ダービー馬フローレ(セ5、香・F.ロー厩舎)が有力。QE2世Cではウインブライトの10着だったが、前走のG2・ジョッキークラブCでエグザルタントの2着と復調気配。また、タイムワープ(セ6、香・A.クルーズ厩舎)・グロリアスフォーエバー(セ5、香・F.ロー厩舎)の、このレースを兄弟制覇(それぞれ一昨年・昨年)した2頭も参戦。

 欧州勢では豪G1・マッキノンSの勝利から臨むマジックワンド(牝4、愛・A.オブライエン厩舎)が強力。これまでヨーロッパだけでなくアメリカ・ドバイにも遠征してビッグレースに参戦。6度のG1・2着があったが前走で遂にタイトル獲得。名門厩舎に初の香港Cの勝利をもたらすか。

最終更新:2019/12/8(日) 13:30
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ