ここから本文です

オリックス 生誕100年西本幸雄メモリアルゲーム 来年4・25西武戦で開催

2019/12/8(日) 7:30配信

デイリースポーツ

 オリックスは7日、来年4月25日・西武戦(京セラドーム)を『誇り高き名将 西本幸雄メモリアルゲーム』と称して開催すると発表した。

 これは山田久志OB会長(71)をはじめ阪急・オリックスOB会からの要望に球団が応えたもの。この日行われたOB会の冒頭で山田会長が明かした。「来年が西本さんの生誕100年。京セラドームを満員にして、しのぶ日にしたい」。当日は西本氏の誕生日。1967年初優勝時の阪急ブレーブスのユニホームを着用し、全員が西本監督の背番号50で戦う。

 山田会長は「西本さんがいなかったら山田、加藤(秀司)、福本(豊)の3人はいなかった。土台以上のもの、阪急ブレーブスの骨格を作ってくれた。選手を育てることに優れた監督だった。よう怒られたけど」と懐かしんだ。

 5年連続Bクラスと低迷の続くチーム。大毎、阪急、近鉄と8度のリーグ優勝し通算1384勝を挙げ、勇者(ブレーブス)を作り上げた名将のDNAを特別試合で受け継ぐ。

最終更新:2019/12/8(日) 8:38
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事