ここから本文です

<恋はつづくよどこまでも>上白石萌音主演連ドラに香里奈、山本耕史 「まんぷく」“元塩軍団”毎熊克哉、“仮面ライダーウォズ”渡邊圭祐も

2019/12/9(月) 6:00配信

MANTANWEB

 女優の上白石萌音さんが主演し、2020年1月スタートの連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)に、香里奈さん、山本耕史さんらが出演することが12月9日、分かった。NHK連続テレビ小説「まんぷく」の「たちばな塩業」の元従業員(=塩軍団)・森本元を演じた毎熊克哉さん、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)でウォズ(仮面ライダーウォズ)を演じた渡邊圭祐さんの出演も発表された。毎熊さんと渡邊さんが同局の連ドラにレギュラー出演するのは初めて。

【写真特集】“ウォズ”渡邊圭祐がイケメンすぎる! 脚も長っ!! 「祝え!」秘話も…

 「恋はつづくよどこまでも」は円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会い、恋をした佐倉七瀬(上白石さん)は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースに。念願かなって5年越しに再会した天堂浬(てんどう・かいり、佐藤健さん)は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描く医療ドラマ。

 香里奈さんは天堂とただならぬ縁を持つ謎の美女・流子(りゅうこ)、毎熊さんは天堂と同じ循環器内科の医師・来生(きすぎ)晃一、渡邊さんは七瀬の同期である新人看護師・仁志琉星(にし・りゅうせい)、山本さんは病院の副院長で循環器内科の医師部長・小石川六郎を演じる。

 ◇香里奈さんのコメント

 流子はお酒が大好きで、明るく誰にでもフランクで頼りがいがある女性です。その一方で彼女なりの悩みやバックグラウンドも抱えていて、弱い部分も持っているような人だと思っています。

 浬とはとても打ち解け合っていて、浬を取り巻く女性陣の中では一番親密な関係だと思います。七瀬と浬の2人の関係に密接に関わるキーパーソンとなる女性ですが、どんな関係なのか……。それはドラマをご覧いただいてのお楽しみです(笑い)。

1/3ページ

最終更新:2019/12/9(月) 6:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事