ここから本文です

<シャーロック>第10話 最終章突入 ディーン・フジオカ&岩田剛典が別れ? 

2019/12/9(月) 12:10配信

MANTANWEB

 俳優のディーン・フジオカさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「シャーロック」(月曜午後9時)の第10話が12月9日に放送される。同話には大鶴義丹さん、浦上晟周(せいしゅう)さんらがゲスト出演する。予告映像では「最終章、開幕。」「旅立ち、そして別れの時-。」というテロップと共に、誉獅子雄(ディーン・フジオカさん)が若宮潤一(岩田剛典さん)に「世話になったからな」「好きにさせてくれ」と告げるシーンなどが収められている。

【写真特集】岩ちゃんの朝食が可愛い! バスケ部員に高圧的な表情も… 一体何が…

 ある日、江藤礼二(佐々木蔵之介さん)が獅子雄に、いつも以上に頭を下げて事件解明を頼み込んでいる。若宮が「誘拐事件では獅子雄への依頼は無理だ」と言うと、江藤は「誘拐されたのが鵜飼昇平都知事(大鶴さん)の息子だ」と明かす。鵜飼のもとには息子を預かったという脅迫メールが届いていた。さらに、江藤が頼み込むと、獅子雄は、珍しく報酬を取ると話し、引き受ける。獅子雄は、不思議な表情を浮かべる若宮に、世話になったから少しでもお金を払っておかないと……と意味深な言葉を放つ。

 獅子雄は若宮、江藤、小暮クミコ(山田真歩さん)の4人が、鵜飼の息子の椋介(浦上さん)が通う高校の寮に向かうと、鵜飼の第二秘書の津崎洋平(松島庄汰さん)に迎えられる。椋介のルームメートで同じバスケットボール部に所属する竹内(佐久間悠さん)から、椋介は昨夜午後11時ごろまで部屋にいたが、その後は自分も寝てしまい分からないと証言。その後、椋介はいなくなったが、竹内は室内で誰かと争うような物音は聞いていないと語る。江藤と若宮は、犯人は椋介と知り合いか、椋介が自ら出て行ったと推測する。しかし、獅子雄は、裏口には誰も通った形跡がないことを確認していた。

 事務室で正門の防犯カメラを確認すると、椋介が出て行く姿が映っていた。次に獅子雄たちはバスケットボール部のコーチの灰田聡(増田修一朗さん)に話を聞きに行く。生徒に指導する灰田の様子を見ていた若宮は、ある疑念を抱く……というストーリー。

 原作は、アーサー・コナン・ドイルの生んだ世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズ。

最終更新:2019/12/9(月) 12:10
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事