ここから本文です

「岸辺露伴は動かない」上映会初日、櫻井孝宏「皆さんと一緒に作り上げていきたい」

2019/12/8(日) 21:15配信

コミックナタリー

荒木飛呂彦「岸辺露伴は動かない」の新作OVA「懺悔室」「ザ・ラン」の上映イベント「奇譚見聞録」が、本日12月8日の東京・TFT HALL 1000にて開催された。本記事では昼公演の模様をレポートする。

【動画】「岸辺露伴は動かない」OVA「懺悔室/ザ・ラン」新PV(メディアギャラリー他16件)

OVA「岸辺露伴は動かない」はマンガ家・岸辺露伴が取材先で見聞きした奇妙な体験を描く「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのスピンオフ作品のアニメーションシリーズ。OVA上映前、観客たちの前に姿を現した岸辺露伴役の櫻井孝宏は「すごい人! ありがとうございます。ここにいる人は『ジョジョ』大好きっ子ですよね?」と会場に集ったファンたちの顔を見渡しながら「全国6都市の上映ツアーということで、こういう形で作品に関わるのは初めて。僕もさっき1回ずつ観ただけですが、素晴らしいクオリティです。良いものにしようとギリギリまでこだわって作ってくださった。できたてほやほやの映像を楽しんでいただければ」とコメント。また見どころとして「音響にも注目していただきたいです」とアピールした。

このたび「奇譚見聞録」で上映される「ザ・ラン」は、櫻井演じる露伴が、内山昂輝演じる青年・橋本陽馬と杜王グランドホテルのジムで出会い、とある危険なゲームをすることになる物語。そして「懺悔室」は、イタリアを訪れた露伴が、自分の犯したあやまちを神父に告白する懺悔室の取材中にある若い男と出会ったことから展開される不思議なストーリーだ。上映後は櫻井、陽馬役の内山、若い男役の高橋広樹が、構成作家の長田宏とともにトークショーを行った。まずは櫻井が、上映前の挨拶で語っていた音響について触れる。今回のOVAでは、音響監督の岩浪美和が、劇場版と同じクオリティで音響を制作したことを長田が説明すると、櫻井は「きっと音の良さを味わってもらえたんじゃないかなと。音って、家ではすごい設備を整えなければいけないので、こういう会場での上映は新しい発見がありますよね」と述べた。

また本作で初めてアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」に参加することになった内山と高橋が、「ジョジョ」との関わりについて語る。内山は「僕は……あの、ジョジョファンの方々の前で気がひけるんですけど、全然知らなくて(笑)」と少々恐縮しながら話し始め、「でも(ジョジョが)とても好きな友達がいて。その子からひたすら情報を聞いてました。その後、ゲーム(『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』)のお仕事で、『バオー来訪者』の橋沢育朗を演じる機会があって……」と述べると、その言葉に櫻井は「え、バオーやってるの? めっちゃ羨ましい!」と声を上げる。

一方、全身「露伴」グッズを身に着けて登場した高橋は、連載当初から週刊少年ジャンプ(集英社)を読んでいたと語り、「スタンドが出てきたあたりから、マンガ自体をあまり読まなくなってしまって。で、声優の仕事をするようになって追いかけで読みました」と明かす。また高橋と同じ年である櫻井も自身の「ジョジョ」体験を振り返り、「僕は『魔少年ビーティー』から入って、5部ぐらいまではリアルタイムで読んでましたね。荒木先生の作品って、窓口がいっぱいありますからね」と荒木作品との出会いを懐かしんだ。

そしてトークは今回の上映されたエピソードの話へ。「懺悔室」の収録について、高橋は「今回『ジョジョ』が初めてで、荒木さんの特徴的なセリフ回しを初体験したんですが一番大変でしたね。『じゃあないか』を最初普通に言ってしまって、『違うんです』と(笑)。『ジョジョ』では『あ』をちゃんと発音しなければならないんですと。恥ずかしながらそこで知りまして」と回想。「思いっきり『あ』を言ってみようと思ってかなり強調したんですが、それが採用されててうれしかったです」と笑顔を浮かべる。また「ジョジョ」の先輩である櫻井については「(櫻井は)サラっと言えてるから、ジョジョ歴が長いとスムーズだなって(笑)」と語ると、櫻井が「あの一文字でも難しいよね。『あ』のほかにも、小さい『ツ』5つもやるのよ。気持ちで(笑)」と続け、高橋は驚きの声を上げた。

また「ザ・ラン」での収録について、内山は「とにかく疲れた(笑)。後半の走るシーンはずっと『はあはあ』言わなきゃいけなくて、だんだん酸欠で読めなくなってきて(笑)」と苦笑い。また演じた陽馬について「キャラが面白かったですね。一見整った顔立ちで俳優をやってるような人だけど、どんどん様子がおかしくなっていく。その怖さが伝わればいいなと思って演じました」と語ると、櫻井に「すごいうまいことやるんですよ。でもちょっとそういう雰囲気ない? 普段からクールだったりするし……」と問いかけられ、内山は飄々とした様子で「そうかも知れません」と笑顔を見せていた。

さらにイベントの後半では、エピソードを振り返るクイズコーナーも展開。今回の公演では「懺悔室」からクイズが5問が出題された。マニアックな難問ばかりが出題され、櫻井たちは頭を悩ませながらもクイズに挑戦していた。1時間強におよぶトークショー終了後、櫻井は「まずは皆さんに作品をお見せできたことが一番うれしいです。これだけ多くの方々と一緒にこの時間を楽しむことができ、この先のツアーも、行く先々の皆さんと一緒に作り上げていけたらなと」とイベントを締めくくった。「奇譚見聞録」は本日の公演を皮切りに、愛知、大阪、広島、宮城、埼玉にて順次開催。また本日のイベントにて、長崎・長崎県美術館での追加上映が決まったことをも伝えられた。なお「懺悔室」「ザ・ラン」のBlu-ray / DVDは2020年3月25日に発売。

■ 「岸辺露伴は動かない」全国六都市上映ツアー 奇譚見聞録
日時:2019年12月8日(日) ※昼夜2回公演
場所:東京都 TFT HALL 1000
出演:櫻井孝宏、高橋広樹、内山昂輝

日時:2020年1月19日(日) ※昼夜2回公演
場所:愛知県 Zepp Nagoya 
出演:櫻井孝宏、小野友樹

日時:2020年2月9日(日) ※昼夜2回公演
場所:大阪府 メルパルクホール
出演:櫻井孝宏、高橋広樹、内山昂輝

日時:2020年2月23日 (日)
場所:広島県 上野学園ホール
出演:櫻井孝宏、高橋広樹、内山昂輝

日時:2020年3月8日(日)
場所:宮城県 SENDAI GIGS 
出演:櫻井孝宏、高木渉

日時:2020年3月29日(日)
場所:埼玉県 ソニックシティ 大ホール
出演:櫻井孝宏、小野友樹、高木渉

□ 特別追加上映
日時:2020年2月29日(土)
場所:長崎県 長崎県美術館
出演:「岸辺露伴は動かない」製作陣(予定・詳細後日発表)

(c)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・岸辺露伴は動かない製作委員会

最終更新:2019/12/8(日) 21:15
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事