ここから本文です

上原浩治氏、引退パーティー 母校の大体大時代を述懐

2019/12/8(日) 21:01配信

共同通信

 巨人や米大リーグのレッドソックスなどで活躍し、5月に現役を引退した上原浩治氏が8日、母校の大体大野球部OB会が大阪市内で催した「引退パーティー」に出席した。大学で急成長し、巨人入りをつかんだだけに「練習をやらされる大学ではなく、メニューも自分で考えていた。プロに入って生きていた」と当時を懐かしんだ。

 パーティー中、大学関係者から指導者として母校に復帰することを熱望された。上原氏自身もプロよりアマチュアでの指導に興味を抱いているというが「今は何がやりたいか、全く浮かばない。来年どうしよう、というのが本音」と話した。

最終更新:2019/12/8(日) 21:15
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事