ここから本文です

SUPER★DRAGON、新作カレンダーは親密すぎる? 「新婚旅行みたい」の声も

2019/12/8(日) 11:37配信

オリコン

 9人組ダンス&ボーカルユニット「SUPER★DRAGON」が8日、都内でカレンダー『SUPER★DRAGON OFFICIAL CALENDAR 2020』の先行発売記念イベントを行った。

【写真】SUPER★DRAGONカレンダー表紙&お気に入りカット

 同カレンダーは、2nd写真集の撮影で訪れたインドネシア・ビンタン島やシンガポールなどで、メンバー同士が“写ルンです”で撮り合った写真を多数収録。メンバー同士だからこそ撮影できた親密感たっぷりの写真のほか、撮影メンバー別で各月を構成するなど、個性がつまった仕上がりとなっている。

 池田彪馬が「メンバー同士で撮り合ったので、自然体な姿がいっぱい見られると思います」とアピールすると、飯島颯も「これには辛口採点をして…。100点満点です!」と手応え十分。柴崎楽は「玄関に飾ってもらいたい。一日に一回は通る場所なので、そこで元気を出して、一日の活力にしてもらいたい」と呼びかけた。

 中には“親密すぎる”ショットも多いようで、松村和哉が「僕とジャン(海渡)くんの2ショットがすごい多くて、なんか誤解されそう」と笑うと、メンバーたちから「新婚旅行みたいだったね」と、イチャイチャ(?)ぶりをイジられていた。

 2019年は、グループ活動に加え、メンバー個人の飛躍も目立った。松村は「とにかくライブの本数が圧倒的に多かったですね。その中でどう表現していけばいいのかを、一人ひとりが見つけられたと思います」。来年の抱負を問われた古川毅は「2020年は、皆さんにとっても節目な年ですし、僕らにとっても5周年の節目の年。また新しい目線で夢へとつながる活動をしていきたい。今年学んだことをしっかりと積み重ねて、いい一年にしたい」と言葉に力を込めていた。

最終更新:2019/12/8(日) 11:38
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事