ここから本文です

台風後の長野の観光状況は?水害復興支援を兼ねた北陸新幹線の旅

2019/12/8(日) 8:30配信

MONEY PLUS

2019年10月の台風19号の影響により、長野県では水害による鉄道の不通区間が発生しました。北陸新幹線は長野の車両基地が被災し、留置してあった北陸新幹線用のE7系・W7系12両編成10本が水に浸かり、120両が廃車になるという甚大な被害を受けました。

【写真】長野県の名湯で雪見酒、冬の車窓と味覚

このため、列車本数を減らした暫定ダイヤでの運行を余儀なくされ、首都圏と長野・北陸方面を結ぶ足が混乱しましたが、現在は上越新幹線用のE7系を転用するなどして、11月30日から「かがやき」定期10本、「はくたか」定期14本、「あさま」定期17本中15本の運行できるようになりました。

また、上田~別所温泉間を結ぶ上田電鉄では、信濃川に架かる鉄橋が流されたため、上田~城下間はバス代行輸送となっています。復旧には1年以上かかると思われますが、城下~別所温泉間は電車が運行されていますので、水害復興支援を兼ねて別所温泉の風情を楽しむのはいかがでしょう。

北陸新幹線に「お先にトクだ値」を設定

11月にご紹介したえきねっと限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」(普通車指定席10%割引・「あさま」のみ普通車指定席とグリーン車が10%・15%割引)が、北陸新幹線「かがやき」「はくたか」「あさま」に設定されています。通常のきっぷと比べて使用上の制限がいろいろとあります
が、東京駅から金沢駅まで「かがやき」を利用する、東京駅から軽井沢駅まで「あさま」を利用するなど、旅程が決定している新幹線の停車駅間を利用する場合はおトクに乗車することができます。ただし、2019年12月28日~31日の下り列車と2020年1月2日~5日の上り列車は設定がありません。

さらに期間限定で普通車指定席が30%割引となる「お先にトクだ値」(乗車日の20日前の午前1時40分まで発売)が、東京駅・上野駅・大宮駅~富山駅・新高岡駅・金沢駅間の「かがやき」、東京駅・上野駅・大宮駅~飯山駅・上越妙高駅・糸魚川駅・黒部宇奈月温泉駅・富山駅・新高岡駅・金沢駅間の「はくたか」に設定されています。乗車期間は2019年12月25日までと2020年1月6日~15日の毎日です。

なお、東京駅・上野駅・大宮駅~安中榛名駅・軽井沢駅・佐久平駅・上田駅・長野駅間の「あさま」は、普通車指定席・グリーン車が10%割引または15%割引となる「えきねっとトクだ値」や、乗車日の20日前の午前1時40分までの購入で普通車指定席・グリーン車が30%割引または35%割引となる「お先にトクだ値」が利用できます。列車・席数・区間が限定されますが、長野方面への旅にはぜひ利用したい割引きっぷです。

1/2ページ

最終更新:2019/12/8(日) 8:30
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事