ここから本文です

【注目】大人のアウターはあったかで楽しい!が正解

2019/12/8(日) 12:30配信

LEON.JP

この冬も、さらにはその先の春も、まだまだストリートスタイルがファッションシーンを牽引する模様。もちろん、大人が着る以上はポップなだけじゃなく、リッチじゃなくてはいけません。

見た目ポップ、でも質はリッチが大人ストリートのお約束

ストリート、スポーツ、アメカジ、カントリーなどなど、多様化するファッションシーン。大人カジュアルも、振り幅が随分と広がりました。ひと昔前は大人の男にはNGとされていたポップなデザインも、いまでは臆せず楽しめるようになっています。

ストリートムードはまだまだ続きそうですし、こなれてきた今こそさらにアイコニックなデザインを楽しんでみてはいかがでしょう。と言っても、さすがに10代が着るようなストリートブランドは流石に難あり。やはりそこは、ラグジュアリーブランドの1着で、ポップななかにもリッチ感を匂わせたいところです。

重たくなりがちな冬ですが、ポップでリッチなアウターで思いっきりお洒落を楽しんじゃいません?

定番化したボンバーだけに、こんな変化球を/「ルイ・ヴィトン」

まるでミリタリーベストをレイヤードしたフライトジャケットのように見える、アシンメトリーなパディングデザイン。シアリング襟も、フライトジャケット感を印象付けます。

もはや定着したボンバージャケットですが、こんな1着なら頭抜けることは確実。ジップにデザインしたTバー付きのチェーンも、遊び心を楽しませてくれます。

どうせ弾けるなら、いっそこれぐらいで/「グッチ」

ストリートで人気のボリューム系ダウン。アウトドアな派手色も市場に溢れていますが、その存在感においてグッチの右に出るものはいません。

多彩な色柄ミックスを披露したこちらは、ナイロンにチェックのウール製アームを切り替えた、大胆なデザインが見どころ。さらにバックにはレッドカラーで切り替えるなど、全方位パンチの効いた1着に仕上がっています。

派手色だけどこなれ感ありな、スエード×ボア/「サンローラン」

ボア物が豊富な今シーズン。サンローランからの1着は、真っ赤に染めたスエードでの採用です。ロングレングスなら尻込みしそうな色ですが、ウエストレングスなら気負いなく着られるというもの。

好発色ですがスエードなので馴染みが良く、そもそもアメカジ定番のアイテムですしね。とはいえ、ダークカラーが蔓延する冬シーズンにおいては、かなりの存在感です。

1/2ページ

最終更新:2019/12/8(日) 12:30
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事