ここから本文です

根尾スーパーキャッチの陰に…緻密な予測あり!球場特有の強風「頭に入れて」中堅守備

2019/12/8(日) 6:10配信

中日スポーツ

◇7日 2019アジアウインターベースボールリーグ NPBホワイト 3ー5 社会人選抜(台湾・台中)

 台湾での「アジアウインターベースボールリーグ」に参加している中日・根尾昂内野手(19)が7日、NPB選抜「ホワイト」の3番・中堅で社会人選抜戦に出場した。中堅守備では後方を襲う打球を好捕する美技を披露し、打っては同リーグで初の3安打猛打賞をマークした。

 がっちりとつかみ取った。4回2死一、三塁。中堅後方を襲う強烈な打球が飛ぶ。獲物を視界にとらえた根尾は背走しながらジャンピングキャッチ。白球がグラブから半分ほどはみ出たが、落とさなかった。

 「普通の打球ですよ」と本人は謙遜したが、工藤2軍外野守備走塁コーチは絶賛した。「いいプレーだったね。素晴らしい反応だった。少しずつ経験値を積み重ねているなと感じる」と目を細めた。この日は左翼から右翼へと強い風が吹いていたが、根尾は「こっちに来てから風向きはずっとこんな感じ。でも強さは頭に入れておかないといけませんね」と事前に予測済みだった。

 打撃もV字回復だ。初回1死二塁から11打席ぶりの快音となる先制中前適時打を放つと、勢いそのままに一気に3安打。同リーグで初の猛打賞となり、通算打率を3割まで引き上げた。

 慣れない異国での毎日。だが心配の種だった食事への不安はもう消えた。「ホテルで出してもらう料理やルームサービスの料理は口に合わなくて…」ともっぱら外食。日本食を扱う料理店を出国前からリサーチしていたが、工藤コーチや他球団の選手に教えてもらいながら情報をグレードアップ。ときには2軒はしごすることもあった。

最終更新:2019/12/8(日) 6:10
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事