ここから本文です

「歌う列車」に出合える駅5選 電車の「ミュージックホーン」ここなら聞ける?

2019/12/8(日) 17:20配信

乗りものニュース

金山駅(名古屋鉄道名古屋本線)

「ミュージックホーン」と聞いて、名鉄を思い浮かべる鉄道ファンも多いのではないでしょうか。名車「パノラマカー」に搭載されていたことから、特に東海圏の人々には昔から馴染みが深いものとなりました。演奏時間は車両によって異なりますが、2コーラス演奏すると15秒以上も。そんななかでも、金山駅(名古屋市熱田区)は名古屋本線特急や「ミュースカイ」などのミュージックホーンを搭載する列車が多く行き交い、さらには狭いホームにいる利用客への注意喚起と大きなカーブから列車接近を伝えています。駅の大きな屋根により音が反響するため、構内に響き渡るメロディは大迫力です。

天王寺駅(JR関西本線・大阪環状線・阪和線)

 大阪有数のターミナル駅である天王寺駅(大阪市天王寺区)。このうち特に特急「はるか」や「くろしお」が発着する15番のりばは、ホーム上は利用客がいつも多く、さらに、階段付近で狭くなっている箇所がありホーム柵の設置が難しいため、列車接近を知らせるミュージックホーンや気笛がよく鳴らされています。

高松駅(JR予讃線・高徳線)

 限定的ではありますが、朝方の快速「マリンライナー」(岡山~高松)増結時に高松駅(香川県高松市)でミュージックホーンが鳴らされます。これは車両が正しく連結されたかを確認する「ブレーキ試験」のためです。これまで挙げた駅のような列車発着時と異なり、連結作業の一環で聞ける全国でも珍しいケースです。

※ ※ ※

 運転士の裁量で鳴らせるがゆえに、いつどこで聞けるか分からないミュージックホーン。近年は騒音問題などによりめっきりその出番は減ってしまいました。しかし、2018年にデビューした小田急の特急「ロマンスカー」用70000形電車「GSE」にもミュージックホーンがしっかりと搭載されているあたりを見ると、聞ける機会はまだまだありそうです。これからも各社の特徴的な音色が、鉄道運行を華やかに飾ってくれることでしょう。

西上いつき(鉄道アナリスト・IY Railroad Consulting代表)

2/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 7:29
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ