ここから本文です

ロダンに“盗まれた”天才女性彫刻家カミーユ・クローデルの家族

2019/12/8(日) 22:31配信

ELLE ONLINE

誰もが教科書で習うオーギュスト・ロダン。彼の作品には“愛人”と呼ばれたカミーユ・クローデルや才能が多分に反映されている。しかし、現在カミーユは愛人ではなく、ロダンの“共同制作者”と呼ぶことが定着している。なぜなら、それほどまでにロダンは彼女のアイデアから作風までを見事に盗み、奪い取っていったから……。それは現代でいえば完全なパワハラとセクハラに当たる。23歳の年上の師であったロダンと複雑な恋愛を繰り広げすべてを盗まれたカミーユはまた、複雑な家族の愛情と怨みが交錯した人生だった。

母に疎まれた長女

1864年カミーユ・クローデルは4人兄弟の2番目に生まれた。土地管理をする役人だったルイ=プロスペールと医者の娘ルイーズ夫妻の間に生まれた長男は生後間もなく亡くなっていたため、カミーユはほぼ第一子として育った。

しかし、母はクローデルを産んだときはまだ、長男を亡くした哀しみから立ち直れず、カミーユを愛することができなかった。そのうえ夫の愛情を奪っていくように感じたのだった。

母の悲しみはしばらくすると癒えるが、今度はまるで当て付けのように新たに生まれた妹のルイーズに愛情を注ぐようになり、結局カミーユは母に疎まれ、父親の愛情だけを受け育つことになる。教育と経済的支援に形を変えた父の愛情は、カミーユの芸術家の才能をますます伸ばしていく。

すると10代の早い段階で著名な彫刻家アルフレッド・ブシェに見いだされ、学校で学ぶことを強く進言される。早熟の天才だったカミーユは不運なことに、女性だった。当時ボザール(芸術高等専門学校)などの名門校はほぼ男性のみに入学を認めており、カミーユは仕方なくわずかであったが女性の入学枠のある学校に通うことになった。1881年、14歳のときカミーユのため父を残し一家はパリへ移住する。

しかしこの才能はさらに母との溝を深めた。世間に認められていく憎き長女。ますます父への依存はひどくなり、母ルイーズはより次女へ愛情を偏らせていった。

姉妹を引き裂く両親の愛情。家庭内の派閥争い。不穏な空気を生まれたときから目前で見せつけられることになったのが、弟のポールだ。

外交官でありながら姉からの影響を多分に受けたことで詩人と二足の草鞋を履き文壇のスターとなったポールは、ことのき自分とは真逆の、あるいは並みの男性以上の向上心と熱情をもつ姉に恋心にも似た憧れを抱くようになる。

1/3ページ

最終更新:2019/12/8(日) 22:31
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事