ここから本文です

斎藤工、サンシャイン池崎モノマネオファーはお断り?「もう歳も歳なので、疲れたくない(笑)」

2019/12/8(日) 18:21配信

AbemaTIMES

 俳優・斎藤工と、お笑い芸人・永野の共同プロデュース映画『MANRIKI』(公開中)と、アパレルブランド「B.C STOCK」のコラボ企画が実施される。12月8日には、ローンチイベントがB.C STOCK代官山店にて開催され、斎藤工、永野に加え、ファッション系ユーチューバーのなかむがゲストとして登場した。

 映画『MANRIKI』は、永野、斎藤工、金子ノブアキ、清水康彦を主要メンバーとする「チーム 万力」により製作された、ブラックコメディ映画。今回のコラボ企画では、本作が持つ独特の世界観を、アパレルアイテムやウィンドウディスプレイで表現し、全国のB.C STOCK店舗で展開する。

 2014年に放送されたドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で、大ブレイクを果たした斎藤。その一方で、近年はバラエティー番組でお笑い芸人・サンシャイン池崎のモノマネを披露するなど幅広い活躍を見せ、そして今回の映画『MANRIKI』では、女性たちの顔を万力で締め上げる、猟奇的な美しき整顔師を演じている。

 様々な一面を披露している斎藤に、MCが「個人的に好きな役柄」を尋ねると、斎藤は「昼顔の北野先生はかなり内にこもる、内蔵系のキャラクターだなと思っていて」と切り出し、「僕、『昼顔』の撮影現場で制作主任のスタッフさんに、『ここ撮影中なんで入って来ないでください』って止められたことがあって(笑)」と撮影秘話を披露。続けて「それぐらい地味というか、決してテレビに映る光を持ってないキャラクターだったんですよね」「最も地味で、好きなキャラクター」と、役への思い入れを語った。

 さらに、「昼顔のイメージをいただいたので、サンシャイン池崎さんのモノマネみたいなものが、逆サイドに映ったのかなと。全部続いているので有難いなと思うんですけど」と前置きしつつ、「でも、サンシャインやれってバラエティーでよく言われるんですけど、疲れるんです(笑)。もう歳も歳なので、疲れたくない(笑)」と本音を漏らす一幕もあった。

1/2ページ

最終更新:2019/12/8(日) 18:21
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事