ここから本文です

DeNA育成のコルデロ投手の頭部を打球直撃 大事とり降板、台湾のアジアウインターリーグ

2019/12/8(日) 15:14配信

中日スポーツ

 台湾で開催されている「アジアウインターベースボールリーグ」の8日、KBOとの試合でNPBホワイトの2番手として登板したDeNA育成のレミー・コルデロ投手(22)の頭部を打球が直撃して途中交代するアクシデントがあった。

 ロッテ・原からバトンを受けたばかりの5回1死だった。KBOの9番打者が放ったピッチャー返しの打球が育成左腕の頭部を直撃。すぐに立ち上がったものの大事を取り交代。場内が騒然とする中、自分で歩いてベンチへと戻った。

 コルデロはこの試合までに同リーグで計4試合に登板。6イニング1/3で7失点(自責は5)、防御率7・11の数字だった。

最終更新:2019/12/8(日) 16:12
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事