ここから本文です

2時間の映画は長すぎる!?斎藤工「この作品は80分 うまみだけつないでます」

2019/12/8(日) 18:54配信

中日スポーツ

 俳優斎藤工(38)の主演映画「MANRIKI」のPRイベントが8日、東京・代官山のアパレルブランド店「B.C STOCK」で行われた。

 11月29日に公開された同映画は、万力を使って女性たちの小顔矯正を施術する整顔師(斎藤)の姿をミステリアスに描いた。斎藤や芸人の永野(45)らが結成した映像集団「チーム万力」が製作。斎藤がプロデューサー、永野が原作、脚本を担当した。

 構想から3年かけて公開にこぎ着けた斎藤は「最近は2時間の映画を見るのが耐えられない人が多いそうで、80分や90分の作品が増えてます。この映画も80分余ですが、飽きないように、うま味だけをつないだ、メインディッシュを連ねた作品になったと思ってます」と仕上がりに自信を見せていた。

最終更新:2019/12/8(日) 23:13
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事