ここから本文です

終活は何のためにするもの? その3つのメリットと進め方

2019/12/8(日) 20:15配信

LIMO

「終活」という言葉が世の中に浸透して、しばらく経ちます。ですが、まだまだ実際に終活をしているという人は少ないのではないでしょうか。終活とは何か?  どのように進めていけば良いかについて整理していきましょう。

終活って何?

終活とは、自分の死と向き合い、人生の最期までをどう過ごし、どう最期を迎えるのかについて考える活動のことです。

2009年に雑誌で紹介されてから、社会的にも注目されました。2011年の映画「エンディングノート」の公開や、2012年には「流行語大賞」のトップテン選出など、急速に社会に広まりました。

誰もが年齢を重ねると、死を意識するようになります。終活を行うことで、自分自身の人生を振り返り、現在の状況を把握することで、余生を通してできること、やりたいことなどの整理をすることができます。

終活の3つのメリット

終活をすることのメリットは主に3つあります。

1つ目は、残りの人生が充実することです。

今までの人生を振り返ることで、家族や大切な友人への感謝が生まれたり、やり残したことが明確になるなど、気持ちを整理することもできます。その上で、残りの人生をどう生きるかについて、前向きに向き合うことができるのです。

2つ目は、自分の想いや考えが家族に伝わることです。

死を迎えるというのは、孤独な気持ちになりがちです。家族への感謝や想いを形にしておくことで、自分自身の気持ちも整理されますし、残された家族に想いを届けることができます。

3つ目は、残された家族の負担を軽減し、相続のトラブルなどを回避できることです。

相続が発生した場合、どこにどれだけ資産があるかや手続きなど、まったく把握できない状況からだと残された家族の負担は大きいものになってしまいます。

あらかじめ整理しておくことで、そうした負担を軽減することができ、また遺言書で相続の方向性を明確にすることで、トラブルを回避することにも繋がります。エンディングノートや遺言書に残すだけでなく、直接話し合いをしておくのも重要です。

1/2ページ

最終更新:2019/12/8(日) 20:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事