ここから本文です

「ウチ、今年からやめました」無理に帰る必要はない!?妻たちが帰省をやめた理由

2019/12/8(日) 21:10配信

LIMO

帰省シーズンの年末年始。大きな声ではいえないけれど、帰省が憂うつでたまらない…という悩みもよく耳にします。

とくに義実家への帰省は、気疲れによってストレスもたまってしまうもの。せっかくの長期休暇なのだから、家でのんびりと過ごしたい…と思っている人も多いのではないでしょうか。

でも、よく考えれば「必ず帰省しなければいけない」なんて決まりはありません。だったら、「自分だけ帰省しなければいいのでは?」という考えにたどり着いた妻もいるようです。妻たちが帰省をやめた理由は、一体どこにあるのでしょうか。

姑の言動に耐えられなかった!

義実家の帰省がブルーになる代表的な理由は、やはり姑の存在。姑の発言や行動に耐えきれず、帰省にうんざりしている妻たちはたくさんいるようです。その経緯を、こっそり聞いてみました。

・「小さい子を抱えて必死に帰省したのに、滞在中は姑のダメ出しの連続。『どうしてミルクなのよ』『そんな薄着じゃ赤ちゃんが可愛そう』『もっと話しかけてあげなきゃ』という言葉を1日中聞かされました。子連れでの帰省にも疲れたし、次からは夫だけで帰省させます」

・「姑と会うと、『息子にはちゃんと手料理を食べさせているの?』『たまには新しい服も買ってあげたら?』と夫のことばかり聞かれます。さらには、私に対して『息子が家事に協力的でよかったわね』『その髪型、維持するのにお金がかかるでしょ?』と嫌味っぽい発言も。私だって、家事も仕事も頑張っているのに!」

・「姑の何気ない一言にストレスが溜まるので、ここ数年は帰省していません。私の両親のことを『あの人たち』と呼んだり、私の体型を見て『また大きくなっちゃって』と言ったり…。最低限の連絡だけ取り合うようにしたら、一気に気が楽になりましたよ」

体力の限界でした…

帰省が嫌になった妻のなかには、精神的な理由だけでなく体力の限界を感じた人もいるようです。その裏には、逃れられないさまざまなルールが隠れていました。

・「義実家では、おせちを女性全員で作るという習慣があります。長距離移動をしたばかりなのに、立ちっぱなしで作業をするなんてキツすぎます。最近ではお盆だけ帰省し、年末年始は家で過ごすことにしていますよ」

・「姑は超早寝早起きで、舅は超遅寝遅起き。帰省した時は夜中まで舅の話に付き合い、朝は日が昇る前から姑の朝食作りを手伝わされます。睡眠不足で、もうフラフラですよ…」

・「義実家は親戚付き合いが濃く、年末年始は大忙しです。とくに辛いのが、親戚の家に挨拶回りをすること。姑たちの長話を聞きながら、『あと何件残っているんだろう…』と考えています」

1/2ページ

最終更新:2019/12/8(日) 21:10
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事