ここから本文です

「本気出せば結婚ぐらいできる」は勘違い!結婚相談所は10人中1~2人しか結婚しない現実

2019/12/8(日) 17:45配信

LIMO

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

昭和生まれの方は「平成のうちに」と思った方も多く、今年のGWは「初めて彼氏ができた」「入籍した」というご報告が多かったです。

先月も多くの有名人が結婚を発表しましたね。

おめでたいニュースは多いものの、未婚の方の中には焦りやプレッシャーは感じつつも具体的に動いていないという方も多いでしょう。

今回は、実際に「婚活」をしている人がどれくらいいるのか、またその中で結婚する人の割合についてご紹介します。

「いずれ結婚するつもり」8割。でも婚活しているのは「30代独身」の2割

㈱エウレカが運営するパーソナル婚活研究所の調査(※1)によると、独身30代男性500 人女性500人を対象にインターネット調査をしたところ、男性79.3%、女性79.0%が「いずれ結婚するつもり」と回答しております。

しかし、実際に現在「婚活をしている」と回答する方は男性18.8%、女性21.8%なのです。30代独身者で婚活しているのは2割程度。いつか結婚したいなと思っていても、結婚のために何か活動をするのを踏みとどまって、願うだけという方は多いのです。

「本気になって婚活すれば結婚できる」となめている30代

こういうデータの「婚活している」と答える人も本当に婚『活』をやっているのかなと思うのです。というのも、ご相談にいらっしゃる女性の中には、縁結び神社にお参りしたり、占いや引き寄せの法則、スピリチュアルにはまって、「祈って願って運命の人を待っているだけ」という方も大勢いるためです。

自分の婚活はPDCAを回すことはなく、PPPPで考えて悩んで自己完結する独身者は多い。仕事では売り上げ作れるのに、なぜか自分を売る婚活ではおみくじで戦略を決めてしまうような国立大卒キャリアウーマンもおりました。

実際に婚活をしたという方も、「街コンに1回参加した」「アプリに登録した」と活動頻度が極めて低い。お祈りだけの人と比較すれば貴重な1歩は踏み出しているけれど、1回目でうまくいくことはあまりないというのに…。

そして、「いつか本気さえ出せば結婚ぐらいできる」「妥協さえすれば結婚ぐらいできる」「結婚相談所にさえ入れば結婚ぐらいできる」とタカをくくって年齢を重ね、本気を出すのがどんどん怖くなるのです。

1/3ページ

最終更新:2019/12/8(日) 17:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ