ここから本文です

専業主婦世帯と共働き世帯の「収入差」は月10万円!共働きでも「貯金できない」理由とは

2019/12/8(日) 19:15配信

LIMO

世帯年収1000万円と聞くと、「生活に余裕がありそうだ」と感じる人も多いことでしょう。ところが、実際には「年収1000万円でも貯蓄ゼロ」の世帯があります。

「妻の就業状態別の収入と支出」の表を見る

一般的に、お金がたまりやすいといわれている共働き世帯のなかにも、「貯金が増えない」と悩んでいる人が少なくありません。どういうことなのでしょうか。

年収1000万円で貯蓄ゼロの世帯

はじめに、金融広報中央委員会が2018年に公表した『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成30年)』(各種分類別データ)から、「金融資産を持たない年収1000万円以上の世帯」がどのくらいあるのかを紹介します。

この調査では、預貯金や株式、債権や保険などの金融商品をまったく持たないか、運用または将来に備えるための預貯金を持っていない世帯を「金融資産を保有していない世帯」と定義しています。

本調査によると、年収1000~1200万円未満の世帯に7.3%、1200万円以上の世帯に3.8%の金融資産非保有世帯が存在します。年収1000万円でも貯蓄ができない世帯が少なくないことがわかりますね。

共働き世帯と専業主婦世帯の割合

「いまや共働き世帯は珍しくない」といわれていますが、実際にはどのくらいの割合を占めているのでしょうか。

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査(※1)によると、2018年時点の共働き世帯の数は約1219万世帯、専業主婦世帯は約600万世帯になっています。約3分の2が共働き世帯です。一方、「専業主婦世帯も意外に多いな」と感じた人もいるでしょう。

家事や子育てに専念しやすいのが専業主婦(夫)世帯のメリットの1つです。共働き世帯では、夫婦がお互いに時間をやりくりしなければならない場面も増えがちです。「家事分担が原因でしょっちゅうケンカをしてしまう」という夫婦も多いのではないでしょうか。

とはいえ、老後の生活を考えると共働き世帯のほうが断然有利です。ダブルインカムで夫婦ともに定年まで無事に過ごせれば、2人分の厚生年金が入ってくるので安心でしょう。

1/3ページ

最終更新:2019/12/8(日) 22:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事