ここから本文です

半身浴は意味がない!? 意外と知らない“間違いだらけ”の入浴法

2019/12/8(日) 8:00配信

クランクイン!

 日本人にとって身近なお風呂。特に、冬はゆっくり湯船に浸かって疲れをとりたいという人も多いのではないでしょうか。湯に浸かることによる健康作用は医学的にも明らかにされており、東京都市大学人間科学部・早坂信哉教授は、「入浴の7大健康効果」として、温熱作用、静水圧作用、浮力作用、清浄作用、蒸気・香り作用、粘性・抵抗性作用、開放・密室作用をあげています。しかし、冬場の入浴は体に負担をかけてしまう危険性も潜んでいるということで、今回は早坂教授による“間違いだらけの入浴法”を紹介します。

【写真】「入浴の7大健康効果」と「冬の入浴3大健康リスク」


■毎日の入浴で「要介護リスク」が29%減!

 早坂教授と千葉大学の共同の研究において、1万4000人弱の高齢者を調査したところ、毎日湯船で入浴している人は3年後に要介護になるリスクが29%も低かったことがわかったそうです。入浴と要介護リスクの関係について、入浴により血の巡りが良くなったり、リラックスしてうつ状態になることを防ぐなど、入浴による影響が認知機能の低下を防いだり、要介護の確率を下げているのではないかと考えられているといいます。

 一方で、特に冬場の入浴には気を付ける必要があるそうで、“間違った入浴法”は浴室熱中症、ヒートショック、心筋梗塞・脳梗塞などを引き起こす危険も潜んでいるそうです。

 具体的にどんなことが“間違った入浴法”なのか、早坂教授のコメントを紹介していきたいと思います。

間違いだらけの入浴法(1)「42度を超えるお湯」「長風呂」は危険!

 42度を超えるお湯に浸かると交感神経の働きが活発になり、興奮状態となることで血圧が上昇します。また、血液の粘度が上がるため、血栓ができやすくなるなどヒートショックを起こしてしまう危険性も。40度程度のぬるめの温度は、副交感神経が刺激され、血圧が下がり、心身ともにリラックスさせる効果があります。

 しかし、40度の温度で10分を超える入浴は体温が上がりすぎ、冬でも浴室熱中症になる危険があります。

 浴室熱中症とヒートショックへの対策として、ミネラル入りむぎ茶で水分、ミネラル補給することを推奨しています。その理由として、ミネラル入りのむぎ茶は無糖で、カロリーやカフェインもゼロのため毎日健康的に飲用できること、さらに血流改善効果や血圧低下作用などの効果が研究で報告されています。入浴前後やヒートショックに注意が必要な高血圧の方は習慣的に飲用すると良いでしょう。


間違いだらけの入浴法(2)「ダイエットのために“お風呂で汗をかく”」は意味がない!

 熱いお風呂に浸かって汗をだらだらと流すと、かなりのダイエット効果があるように思うかもしれません。しかし、運動のときは自分の脂肪を燃焼させて体を動かし、結果として体温が上がり汗をかくのに対し、お風呂の場合、脂肪を燃焼させているわけではなく、お湯から熱を受け取って体温が上がり汗をかきます。

 運動とは汗の出る仕組みが違うので、お風呂で汗をかいてもダイエット効果はあまりありません。

間違いだらけの入浴法(3)「半身浴」は意味がない! 全身浴で「むくみ」解消

 全身浴の方が体が温まり、血流が良くなるので、冷えの改善に効果的です。また、お湯の量が多く深ければ、その分水圧が強くなることから、全身浴は下半身により大きい水圧がかかるため、足のむくみの解消などにも大きな効果があります。

 肩こりなどの痛みにも、半身浴より全身浴のほうが効果的という研究結果もあります。 ※心臓や肺に疾患がある方には、水圧がかからず体温が上がりすぎない半身浴が、オススメとなります。


間違いだらけの入浴法(4)「一番風呂」は肌によくない!

 日本の水道水はミネラルが少なく薄い「軟水」のため、特に一番風呂はミネラル分が少なく薄いのです。また、水道水には基準で決められた一定の塩素が含まれています。他方、人間の体には細胞や血液といった体液中に、たんぱく質や様々なミネラル分などの成分が含まれています。その割合は日本の水道水と比べるとずっと濃くなっているのです。

 体の内側と、お風呂のお湯のミネラルの濃度の違いや、含まれる塩素が、皮膚にぴりぴり感や違和感といった刺激をもたらすと考えられています。


 早坂教授による“間違った入浴法”いかがでしたか? 身体を温めるため、疲れをとるために長風呂をしていたという人も多いのはないでしょうか。前述の通り、入浴には健康効果もあることが証明されているので、身体に負担をかけない入浴法を心掛けて、寒い冬を乗り切りましょう!

最終更新:2019/12/8(日) 8:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事