ここから本文です

【ウインターカップ注目選手】中道玲夏(津幡)「昨年の4位を超えるか!? メダル獲得を目指す津幡のエース」

2019/12/8(日) 12:25配信

バスケットボールキング

12月23日から武蔵野の森総合スポーツプラザとエスフォルタアリーナ八王子で幕が開ける「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」。今年度から出場チームが例年の男女各50チームから60チームに拡大し、頂点までの道のりは一層険しくなった。そんな高校バスケット界最高峰の大会を前に、バスケットボールキングでは今大会で注目すべき選手を紹介していく。

■ウインターカップ女子注目選手(3)中道玲夏(3年/津幡高校/石川県)

 昨年のウインターカップでは4位入賞と躍進した津幡。その原動力となったのが当時2年生の中道玲夏だ。チーム一の長身選手としてインサイドで奮闘しただけでなく、ドライブなどオールラウンドな動きから得点を奪取。大会ではベスト5を受賞するなどその名を全国に轟かせた。

 加えて、昨年は夏にU17女子日本代表として「FIBA女子U17ワールドカップ2018」にも出場。国際大会で大型選手と対峙したことはプラスとなり、「全国では私よりも大きい選手がたくさんいると思うので、世界選手権で得たことを生かして、留学生も守っていけるようにしたいです」という思いは3年生となった今年も変わらなかった。

 今年の津幡は、この中道を筆頭にシュート力のあるガードの小山里華や高木愛莉沙(ともに3年)といった昨年からのスターターが3人も残る布陣。赤穂かんな(3年)らも経験を積み、夏のインターハイでも上位進出が期待されていた。

 しかし、石川県のインターハイ予選で鵬学園高校との決勝戦に敗れて出場はならず。夏は全国の舞台に進むことすらできなかった。

 それでも、再び鵬学園との一騎打ちとなったウインターカップ県予選では後半に逆転勝ち。リベンジを達成するとともに、3年連続17回目のウインターカップ出場を決めた。

 180センチの高さを持ちながら走力もあり、インサイドプレーにドライブにと多彩な攻めを見せる中道。今夏の悔しさを晴らすためにも、そして昨年4位の結果を超えるためにも、来るウインターカップでは彼女の活躍が必要不可欠となる。

写真・文=田島早苗

BASKETBALL KING

最終更新:2019/12/8(日) 12:25
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事