ここから本文です

【J1参入プレーオフプレビュー】J2の代表チームはどっち!? 湘南が待つ決勝に駒を進めるのは?《徳島vs山形》

2019/12/8(日) 8:05配信

超WORLDサッカー!

明治安田生命J2リーグ3位~6位のチームと明治安田生命J1リーグ16位のクラブが争うJ1参入プレーオフ。1回戦ではJ2・4位の徳島ヴォルティスと6位のモンテディオ山形が勝ち上がった。

7日に行われたJ1最終節の結果、J1参入POの決勝で待ち構えるのは、湘南ベルマーレに決定。その挑戦権を懸けた戦いが、8日に行われる。

◆終盤戦の勢いそのままに挑戦権獲得へ~徳島ヴォルティス~
シーズン開幕から苦しい戦いを強いられた徳島。リカルド・ロドリゲス監督が率いて3年目のシーズンは調子が上がらない時期が長く続いた。

前半戦を9位で終えた徳島だったが、後半戦も序盤で苦しい状況に。第27節ではシーズン2度目の連敗を喫し、12位まで順位を下げていた。

しかし、そこから怒涛の4連勝を2回記録するなど、12戦無敗。自動昇格した横浜FCに第40節で敗れるも、最後は連勝でシーズンを終えて4位にまで浮上した。

PO1回戦では、ホームにヴァンフォーレ甲府を迎えたが、DFヨルディ・バイスのゴールで先制。すぐに追いつかれる展開となったものの、地の利を生かして1-1のドロー。2回戦に駒を進めた。

リーグ終盤の勢いそのままに、POも勝ち上がって湘南への挑戦権を手にしたいところ。チーム力で結果を残してきているだけに、リカルド・ロドリゲス監督の手腕とともに、起用された選手たちの躍動に期待だ。

◆知将に率いられ、3連勝の下剋上を目指す~モンテディオ山形~
一方の山形は前半戦の好調を維持できず、後半戦は全く調子が上がらなかった。

前半戦になかった連敗を後半戦だけで3度記録。終盤の5試合も2勝3敗と良かったとはいえず、ギリギリでのPO出場となった。

それでも、PO1回戦では昇格最右翼とも見られた大宮アルディージャのホームで0-2と解消。立ち上がりから鋭さを見せ、サイドアタックも合間って押し込み、後半に2得点を奪って勝利した。

山形にとっては、3連勝しかJ1への道は残されておらず、この徳島戦では2連勝目を目指すことに。相手のウィークポイントを見つけ、自分たちの戦い方で突いてくるサッカーをできるのは、木山隆之監督の手腕のおかげだろう。

今シーズンは徳島相手に1勝1分けと勝ち越しおり、その点も好材料。大宮を下した勢いそのままに、上位喰いでJ1への挑戦権を手にしたい。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆徳島ヴォルティス[3-4-2-1]

GK:梶川裕嗣
DF:ヨルディ・バイス、石井秀典、内田裕斗
MF:田向泰輝、小西雄大、岩尾憲、杉本竜士
MF:野村直輝、清武功暉
FW:河田篤秀
監督:リカルド・ロドリゲス

◆モンテディオ山形[3-4-2-1]

GK:櫛引政敏
DF:熊本雄太、栗山直樹、松本怜大
MF:柳貴博、本田拓也、中村駿、山田拓巳
MF:坂元達裕、山岸祐也
FW:大槻周平
監督:木山隆之

【注目選手】
◆DFヨルディ・バイス(徳島ヴォルティス)

徳島の注目選手は、ディフェンスリーダーのヨルディ・バイスだ。V・ファーレン長崎から期限付き移籍で加入したヨルディ・バイスは、ディフェンスの核としてチームを支えてきた。また、攻撃面でもチームを支え、PKの1得点を含む7得点を記録。セットプレー時には大きな武器となる。

何よりも、その闘争心がチームの支えになるだろう。引き分けでも…という気持ちが後ろ向きになりそうな部分でも、ピッチ上で鼓舞するはず。チームを支えられる闘将に注目だ。

◆FW山岸祐也(モンテディオ山形)

山形の注目選手は、大宮戦でもダメ押しゴールを記録した山岸祐也だ。シーズン途中にFC岐阜から加入した山岸は、14試合で4得点を記録。粘り強いプレーも特徴で、山形の攻撃を支える1人だ。

山形の山岸と言えば、2014年のJ1昇格プレーオフだろう。当時も6位でプレーオフに出場した山形は、準決勝でジュビロ磐田と対戦。当時の守護神である“山岸”範宏が後半アディショナルタイムに劇的なヘディングシュートを決めた。勝負強さもある山岸祐也が、“新山の神”になりJ1にまた一歩近づけられるかに注目だ。

◆J2の代表権を掴むのは!?

この勝負に勝利すれば、J2の代表チームとしてJ1・16位の湘南ベルマーレへの挑戦権を掴むことができる。

昨シーズンは東京ヴェルディが6位から下剋上を達成したが、ジュビロ磐田に敗れ昇格の夢は叶わなかった。

その点を踏まえれば、山形にも大いにチャンスがあると言えるだろう。初戦でもアウェイで大宮を下しており、3連戦アウェイでも勢いに乗ることができそうだ。

対してホームの徳島としては、引き分けという結果が頭にチラつくと危険だろう。頭に浮かんでしまえば、徐々に消極的なプレーが目立つはず。精神的に優位に立てなくならないように気をつけたいところだ。

徳島としては、やはり得意のポゼッションサッカーでチームとして崩したいところ。対する山形は、そのポゼッションサッカーをさせない前線からのプレスとハードワークが必要となる。

互いにシステムも[3-4-2-1]とミラーゲームになるだけに、サイドの攻防も重要なカギとなる。

泣いても笑っても90分で決着がつく一戦。湘南への挑戦権を掴むのは、徳島か、山形か。J1参入PO2回戦は8日(日)の13:05にキックオフを迎える。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/8(日) 8:05
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事