ここから本文です

【野球と記録】ベーブ・ルースの本塁打量産でファンに浸透 野球はなぜ「記録のスポーツ」に?

2019/12/8(日) 7:40配信

Full-Count

1920年代に本塁打記録を更新したベーブ・ルースが記録の価値を高めていった

 MLBで「記録」が野球ファンに注目されるようになったきっかけは、大打者ベーブ・ルースの登場だった。ボルチモアに生まれ、ボストン・レッドソックスで左腕エースとして活躍したルースは、投手だった時代から強打で知られていた。

【動画】ファンも反応「体がボールのよう」… MLB公式がベーブ・ルースの練習動画を公開

 ルースが登場するまで、シーズン本塁打記録はネッド・ウィリアムソン(シカゴ・カブス)が1884年に記録した27本。1901年にMLBがア・ナ両リーグに分立した以降ではギャビー・クラバス(フィラデルフィア・フィリーズ)の24本だった。

 1918年、投手としてマウンドに上がるかたわら打者として11本塁打を放ってチリ・ウォーカー(フィラデルフィア・アスレチックス)とともに本塁打王となったルースは、翌1919年には29本塁打とMLB記録を更新した。9月24日のヤンキース戦で新記録になる28本塁打を記録すると新聞社は大きく取り上げた。

 翌1920年にヤンキースに移籍して外野手にコンバートされたルースは4月14日の開幕から半月の間ホームランが出なかった。しかし、5月1日に初本塁打を放つと、ここからホームランを量産。7月にはルース自身が前年に記録した29本塁打を軽々と抜いた。

「ルースはどこまで記録を伸ばすのか?」は全米の話題となった。MLBは前年、「ブラックソックス事件」という大スキャンダルで大きくイメージをダウンさせていた。それだけにルースの大活躍は、明るい話題として注目された。

 50号ホームランは9月24日、ワシントン・セネタースのダブルヘッダーの初戦に出た。ルースは50号を放ったバットを、トルコで貧困に悩むアルメニア人を救済する近東諸国救援基金に寄付。この行為も称賛された。

 ルースは1921年には59本塁打、1927年には60本塁打を記録したが、米のメディアはこれらの記録も大々的に報じた。ルースの登場によって野球は「記録のスポーツ」としてアメリカ人に浸透した。

1/2ページ

最終更新:2019/12/8(日) 7:40
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事